江戸枝屋のサイトを作りました!

和紙(小国和紙)と布(ほぐし織の傘の端布)とほぐし織の傘と、お友達の皆さんの作品を紹介販売する、移住ソムリエ®︎のお店です。

https://edoshiya.com/

江戸枝屋について

笑顔でつながる夢と希望。探しに行こう江戸枝屋に。

移住ソムリエ®︎のちよ子が、オンラインの「いいね!創造村」を開村、移住し、江戸枝屋を開業しました。移住ソムリエ®︎=東京の小さな小さな一本の枝が、各地で出会った、ご縁ができた素敵なアート、クリエイトな一品を、オンラインでご紹介して販売します。

江戸枝屋の公式LINE【ID:edoshiya】もあります。お値段など詳細をタイムラインで載せてます。お友達登録お願いします🐽🌈


【ほぐし織の傘】舟久保織物様

ほぐし織の傘です。とても色鮮やかな傘!これが織物って驚きです!!!

山梨県富士吉田市の舟久保織物様がつくる、ほぐし織の傘です。

工場から富士山が見えます。富士山の湧き水で染められ、富士山に見守られながら、織り上げられた傘です。

18世紀、フランスのリヨンで確立された「ほぐし織」という技法。貴婦人のドレス生地として大人気でした。日本では明治時代に銘仙で人気に。山梨の富士山麓地域では、大正時代から高級傘の生地として作られていました。先に染めてから織り上げる、とても高度で手間のかかる技法で、今ではとても少なくなっています。舟久保勝さんは、染からご自身で作られており、一本一本、時間と技術をかけて丁寧に作られています。

鮮やかな色彩は、心が和らぎ弾むような明るさを私達に与えてくださいます。雨を避ける道具である傘を持つ、開くだけで心が軽くなる。お洒落に使いたくなる。大切に使いたい「美しさを備え持つ傘」なのです。

舟久保織物さんのネットショップで傘をお買い物の際は、必ず「ちよ子さんの江戸枝屋を見ました」と書いてご注文ください。そして江戸枝屋にご連絡いただければ、御礼でハタオリの貼り絵(裏にちよ子直筆のKABOOのありがとうのカード)をお贈りさせていただきます。

https://funakuboorimono.com/


ハタオリの貼り絵

ハタオリの貼り絵アーティストのちよ子の作品を販売します。

ハタオリの貼り絵とは、名刺サイズの大きさの小国(おぐに)和紙に、ほぐし織の傘を作る際に出る端布を切って貼り付ける創作アートで、ちよ子が草案しました。

ほぐし織の布の鮮やかな色彩は、角度によって変化します。裏に直筆のKABOOのありがとうのカードの絵を描きます。ドイツ製ファーバーカステル油性色鉛筆で描くKABOOのそこはかとない安らぎ。一枚で裏も表も2回楽しめます。


【おぐに和紙】小国和紙生産組合様

ハタオリの貼り絵・ありがとうのカードで使っている和紙は、新潟県長岡市の小国和紙生産組合様の、小国(おぐに)和紙です。楮から自家栽培、雪国ならではの【雪晒し】【かんぐれ】といった伝統製法で知られる和紙です。

和紙を知らない、初めて見るというお子様には、一枚一枚触っていただいています。(対面での)ありがとうのカードは、ドイツ製油性色絵筆ファーバーカステルを使って子どもたちにKABOOを描いてもらいますが「色が伸びる」「発色が良い」ととても喜ばれています。

https://www.oguniwashi.com/


★移住ソムリエ®︎のブログでは、移住ソムリエ®︎のコミュニティ「いいね!創造村」の村民さんのオンライン倶楽部などの情報を「村の回覧板」として載せています。

各SNSもご覧ください。

Instagram:iine.2525

Twitter:lgg_jp

Facebook:Chiyoko Kusayanagi

Facebookグループ「よったかり」:

https://www.facebook.com/groups/yottakari/

LINE:edoshiya