いいね!創造村では、安心して大人もお子さんも家族で楽しめるオンラインワークショップ(オンライン体験講座)を考えた結果、「ハタオリの貼り絵」を創案しました。初回は5月30日、2回目を6月30日に開催しました。

無料開催期間は終了し、今後は希望者様のご要望の日時に合わせて、ワンツーマンでオンラインで行います。お値段などお気軽にお問い合わせください。

開催日と時間:ご希望の良い日時
予定時間:一枚30分ずつ90分
場所:おうちでZoomを見ながら作ります。URLは前日お送りします
必要なもの:
小国和紙と布はお申込いただいた方に事前にご郵送させていただきます。
当日は
・布が切れるハサミ
・布が貼れるノリ(手芸用、木工用、ガラス用ボンドもOK)
・必要であれば、ピンセット
・手が汚れたり、はみ出たノリを拭き取るためのウェットティシュかティッシュ
・スマホかパソコンで、Zoomに繋げられるようにしてください。
・小学低学年のお子さんの体験には、親御さんも同席をお願いします。

★ハタオリの貼り絵 とは?
新潟県長岡市の 小国和紙生産組合様 が作られている、小国和紙に、
https://www.oguniwashi.com/
山梨県富士吉田市の 舟久保織物様 が作られている、
https://funakuboorimono.com/
ほぐし織の傘を創る時に必ず出る端布を切って貼り付ける、オンラインワークショップ です。
ハタオリの貼り絵を創案した、ハタオリの貼り絵アーティスト・ちよ子も一緒にお創りします♪

1枚目は、KABOO。
2枚は好きに自由に。
3枚目は、余った布を切り貼りします。

最後、完成品の写真を撮って送っていただきます、よろしくお願いいたします。

名刺サイズの和紙という限られた空間の中で、傘には使われない余ったほぐし織の布を再活用して、好きに切って貼るという、滅多に無い珍しい希少な創作体験を通して、自己表現を楽しみます。

子どもたち、大人の皆さんにも、和紙を触っていただきたいです。
触れると、一枚一枚、違いがわかります。
ほつれない丈夫な、ほぐし織の布の、水彩画のようなにじんだ美しい色柄。
違う柄の布を送ります。色彩と柄の違いを思う存分、お楽しみください!

伝統工芸の、手差し型染をされている八王子の藤本染工芸様に、手差しで小国和紙を染めていただけることになりました!こちらもお楽しみに!

【ご案内】
オンラインと助手席が仕事場の、移住ソムリエ®の草栁ちよ子です。いいね!創造村(iine! Creators Colony)に移住し、村長をしています。
「オンラインで学んで実践、創造する」
オンラインでなにかしたい、という方に、オンライン講座やオンラインワークショップを作るためのお手伝いを皆様にご提供しています。

【お問い合わせ】以下のメールアドレスにお願いします。

いいね!創造村の公式LINE、お友達登録よろしくお願いしま~す🐽🌈

LINE:公式アカウント 草栁ちよ子(移住ソムリエ村長)