アジアのゴジラ!株式会社アジラさんを取材【第1回 AI・人工知能EXPO】

2017年6月29日、東京ビッグサイトで開催された「第1回 AI・人工知能EXPO」に行ってきました。
お目当ては、ただひとつ!「株式会社アジラ」さんです!

4月。秋葉原のメイド喫茶でノマド会で、社長の木村大介さんと、エンジニアのトゥアン・アインさんと初めてお会いし、このAI・人工知能EXPOに参加されるとのことで、前売り券などを頂戴したんです!どんな会社で、どんなものを作っているのか、まったく知らないまま、ただ、アジラさんのブースに気楽な気持ちで遊びに行ってきました。そうしたら、凄かったんです!!

アジラさん大盛り上がり~!天才が四か月で作ったの?!

東京ビッグサイト。まずは、会場にたどり着くまでが遠い。
間違ってセミナー会場に上がってしまう。下がるしかなくトホホ。
ひたすら奥へ奥へとズンズン歩く。やっと辿り着いたら凄い人!

一瞬帰りたくなった…。大汗かいてプレス申請。さあ、アジラさんを目指すだよ!
会場は人・人・人・人・人の山。入る前から異様な熱気でうだっております。ここは「企業が自社の製品を展示して他企業様と商談する場所」なので、会社を背負って名刺交換する背広姿の意欲満々な皆様の渦、笑顔で何か配るコンパニオンと、各ブース関係者さん諸々の波をくぐり抜け、地図を頼りにアジラさんのブースを目指す!なんとか到着。

うわー!アジラさん大盛況ですよ!!!商談のお客様でひっきりなしの中、なんとか木村さんにご挨拶。お話しお伺いすることが出来ました。

—ちよ子
大盛況ですね、おめでとうございまーす!
この度、4つのAPIを出展されていますが、すみません、外国人の方が多いですね。


(お写真は株式会社アジラさんからお借りしました)

–木村さん
そうです、一年の半分はハノイで過ごしています。ハノイと日本を行ったり来たり。日本人3人、ハノイに7人エンジニアがいて、今回のAPIは、約4か月で開発しました。

–ちよ子
えっ?! 4か月?! 4年じゃなくて、4か月?!

–木村さん
たくさんの人を使って、たくさんの時間をかけるIT開発とは一線を画し、弊社はアジア最高峰のITエンジニアによる少数精鋭のチームで、メンバーのひとりひとりがプロダクト(APIサービス)のコア部を担当しています。
要するに、平凡な100人より、一人の天才に任せているような感じです。

常にディスカッションをして、難しいとかやりにくいとか正直に言ってもらっています。その声を聞いてどうすればよいか課題にして皆で考えて取り組んでいます。

うちには天才もいますが、テクニカルエバンジェリストがいるので、説明は彼にバトンタッチします。

–ちよ子
天才と、エバンジェリスト?! なんですか、それ?!

エバンジェリスト相澤純一さんが教えてくれる!


(写真は株式会社アジラさんのfacebookページからお借りしました)

–相澤さん
CTO(最高技術責任者)の相澤純一です、よろしくお願いします。

–ちよ子
すみません、エバンジェリストって、なんですか?

–相澤さん
自社のコンセプトを社内外にわかりやすく伝える人のことです。

–木村さん
エバンジェリストで有名なまとめサイトに載ったんですよ。ソフトバンク、日本IBM、日本マイクロソフトなど名だたる有名な会社も紹介されているリストです。

IT業界テクニカルエバンジェリストまとめ
http://l-w-i.net/l/evangelist.txt

–ちよ子
ソフトバンクにIBM?! 凄いですね~!おめでとうございます!

–相澤さん
いえいえ、しかも、あいうえお順で上のほうに載ってるものですから恐縮です。Twitterにも載せてますが、
「歩き始めたばかりです、成長をお楽しみください」の気持ちです。

–ちよ子
なんとも謙虚なエバンジェリストの相澤さんに、今回のアジラさんのAPIをお聞きしましょう。教えてください。

ここが凄いよ!アジラの車両認識API

–相澤さん
車両認識APIは、カメラで撮った車の写真一枚だけで、
1、車種とメーカー
2、色
3、ナンバープレート
の情報を取得することが出来ます。

乗っている車を見ればその人の年収がわかると言われています。車種は重要なマーケティングで、今までも、某大手広告代理店さんが、通った車から年収を割り出し、その年収に合った屋外広告を展開する実証実験をしています。屋外広告は、見る人によって切り替えられるので、高級車が通れば、高級ブランドの広告が出る。一年中ずっと貼りっぱなしではなく、より効率よく効果的に使えます。

–ちよ子
乗ってる車で年収がわかるんですか?! (ココに驚く)怖いですー。

–相澤さん
広告マーケティングだけでなく、車両を様々な角度から見て特徴をモデリングしているため、柔軟に対応することができ、様々なシーンで用途が考えられます。例えば、犯罪率の低下にも役立つと思います。

–ちよ子
事件事故で逃亡した車の追跡とか?

–相澤さん
今までは、ナンバープレートの数字を認識し、メーカーが判別できるシステム技術でした。でも色と車種まではわからなくて、目撃情報などもありますから、そこで誤差や遅延が生じていました。
今は、今まで出来なかったことが出来るようになって、色と車種も取得できるようになりました。

–ちよ子
それって画期的なんじゃないですか?!

–相澤さん
そうですね、これを効果的に使えば、目撃情報の正確性の精査、犯罪率の低下に繋げられると思います。

–ちよ子
全国の警察の皆さん、これは導入すべきじゃないですかね?!一瞬で車は走り去ってしまうから、人間の視力だけでは限界があります。このAPIを上手く犯罪防止、犯罪抑制に使ってもらえたら嬉しいですね!

–木村さん
人間の脳は、ほんとうに優れているんです。
ひとつの角度を見ただけで記憶保存し、保存した内容から逆算できるんですよ。こちらの角度を一度見ただけで、後ろや前、上から見ても「同じ車だ」とわかるのが人間。今までの技術では、その角度の一枚の情報しか得られず角度が違えば別の車になってました。人間の脳の処理プロセスをコンピューターの中に乗せてトレーニングしていく。
それが深層学習、「ディープラーニング」です!
*JAFメイトパークさんがアジラさんの車両認識APIをご紹介しています!

ここが凄いよ!アジラの行動認識API

–相澤さん
行動認識APIは、
1.動画で人を認識する
2.関節を認識する
3.関節の動きを時系列で認識する
4.全体の動きを認識する
という流れで認識します。
通常の人が立ってる、歩く、寝る関節の動きと、急に倒れた場合の関節の動きは違います。見守りカメラのように、1人暮らしの老人が家で倒れた場合など認識して家族に連絡することができます。

–ちよ子
老人ホームとか、自宅で介護している、お年寄りが一人で暮らしてるお家なんかには、いいですね!
以前、ゴルフの素振りの筋肉の動きを解析するシステム技術など見たことがありますが、防犯カメラよりもより明確でわかりやすそうですね!

–相澤さん
高齢者だけでなく、街中での危険行動なども認識できますし、店舗での不審者、万引き検知などにも使えます。工事現場での事故防止や、駅でホームに落ちた場合、アラートでSOSを出すこともできるので、電鉄会社からもオファーがありました。強みとしては、モーションセンサーや3Dイメージセンサーなどの特殊なセンサーを必要とせず、一般的なカメラで認識できるため導入しやすい点です。

ここが凄いよ!アジラのエロ認識API

–相澤さん
アダルトコンテンツというのは、モザイクをかけるべきところが決まっていまして、かかっていないと刑事事件で会社が訴えられてしまいます。特に今はオリンピックを前に厳しくなっています。各会社は、動画などを365日24時間3交代とかで、ひとつひとつ地道に目視で確認、チェックしてるんです。

–ちよ子
アダルド動画を、ひとつひとつ24時間365日交代制で目でチェック?!(ココに驚く)そんなのヤダ!画面壊したくなる!!

–相澤さん
ですよね。これって、イヤになりますよね、これこそ、AIに任せるべきなんです。
動画がアップされたら、不適切な部分を検出してフィルターをかけます。ぼかしやモザイクなどの加工処理も可能です。人がしていた過酷な監視、検閲作業をAIが自動的に処理します。溢れている様々な不適切コンテンツから、子どもたちを守ることにもなります。

—ちよ子
子どもは、見ちゃいますからね~!親がフィルターをかけてても、いつも一緒じゃないですしね。

–相澤さん
教育関係の方からオファーが多かったです。どうしても子どもは見てしまう。見ないようなWebサービスだったりスマホアプリを作ってもらえませんかというお声もありました、検討中です。

ここが凄いよ!アジラの数字認識API

–相澤さん
手書きの数字などの情報を打ち込み入力するのは手間ですよね。
このAPIなら、それまで一週間かかっていた作業が10分で出来ます。
スキャナで読み込み、画像にしてクラウドのAIで順次処理していきます。結果は数字のエクセルにしてメールで送信してくれます。

コールセンターなど、大手会社では地方に委託されていたり、逆に地方の人手不足など問題になっていますが、コールセンターもいずれAIの時代になるでしょう。

これから人口が減っていくんです。だからこそAIに雑用をしてもらって、人は、もっとクリエイティブな仕事をすべきなんです。

—ちよ子
AIに雑用、人はクリエイティブ?

–相澤さん
まずは、人を助ける、人に役立つ「ツール」として開発しています。
具体的には、人の目の代わりになること。行動認識も、車両認識も、数字認識も、視覚で得られる情報です。

アジラは、ほとんどがハノイのベトナム人エンジニアで、簡単な英語で話せますが、やはり日本語は難しいみたいです。外国語を覚えるのは大変だけど、映像、画像は、どこの国の人でも見ればわかる。世界共通です。そこで、画像認識に特化させました。

ハノイでもAIを盛り上げよう!

–ちよ子
そういえば、このハートとまるのマーク、ロゴの意味は何ですか?

–相澤さん
アジラのAIの開発拠点でありハノイでもっとAIを盛り上げよう!「ハノイを人工知能の聖地にしよう!」というコンソーシアムのロゴです。ハノイでは、まだAI開発は浸透しておらず、技術的にも知らない人が多いのでセミナーをしてエンジニアの育成にも取り組んでいます。

–ちよ子
ハノイのエンジニア皆さんとお仕事して、いかがですか?

–相澤さん
皆さん、仕事熱心です。
仕事ができるのが楽しいみたいで、一生懸命なんです。時間の使い方もメリハリがあります。先ほどの天才エンジニア、トゥアン・アインさんも、日本とハノイを往復で、疲れないか、大変じゃないかと聞いても「東京に来ると刺激的で勉強になって楽しい!ハノイに帰ればお父さんお母さんに会えるから嬉しい!」といつも前向きで楽しんでいるんです。皆、いい人たちばかりで楽しいですよ。

日本だけじゃない、ハノイは優秀な人がいっぱいいます。
今は、ベトナムと日本ですが、いずれはアジア、そして世界共通で使われるAIを目指しています。

お年寄りを助ける人手が足りなければAIを。単純作業はAIに。困っている人をサポートする、補う、解決していく。そんな「人にやさしいAI」をつくる。人は、単純作業をAIに任せて、クリエイティブな仕事をしていくべきだと思います。人とAIが共生する未来を目指して、いろんな国の人と開発してみたいです。

アジラが目指す「AIと人と仕事」

–ちよ子
人とAIが共生する未来ですか…。「人にやさしいAI」というのも、初めて聞きました。でもアジラさんらしいですね。アジラさんが作っているものが、そういうものですもんね。

そういえば、AIがどんどん仕事をしたら、人は何の仕事をすべきか、やることがなくなっちゃうんじゃないかと不安視する記事などあります。AIが人の命や人生を乗っ取ったり脅かすような映画とかありますけど、どう思われますか?

–相澤さん
ドラえもんや、ターミネーターの世界は、まだまだ遠いです。
お手伝いしてくれる、役に立つAIがあってこそ社会貢献になっています。人に役立つ、人にやさしいAIに特化したサービスを開発してどんどん広めたいです。

–木村さん
人間しかできない仕事をすればいいんです。
どう工夫しても、どう頑張っても、それ以上給料が上がらない、生産性が上がらない、労働集約的な作業、人が嫌がるような、やりたがらないようなことをAIに任せ、我々人間は価値の高い、つまり給料の高い仕事だけをすればいいと考えています。

AIは、過去のデータをモデリングして、インプットデータを認識しているに過ぎない。ドラえもん、アトムは夢のまた夢。今はまだ「人の御用をお手伝いする」のがAIの現状です。しばらくは人しかできない仕事を奪うことはありません。

–ちよ子
そうなんですね!なんだか安心しました!
不安になってしまうような記事もありますが、現実的に現場で人の役に立っているAIをきちんと見ていけばいいんですね。

–木村さん
AIに任せた分、人は、人に教えること、人を育てること。人の教育、育成に時間を使えます。
アジラは、これからも、人に寄り添い、人をサポートする、人にやさしいAIを目指していきます。

アジラはアジアのゴジラになる?!

–ちよ子
最後に質問です。お名刺に恐竜みたいなデザインが施されてますが、「アジラ」ってもしかして「ゴジラ」ですか?

–相澤さん
社長、ゴジラみたいに、ぶっ壊したいんですか?

–木村さん
そうね、破壊したい(笑ってお話し)

ゴジラは登場する時、どうしても破壊してます。
でも壊しっぱなしで、それで終わりじゃないんです。いつも日本、いや地球に巨大な敵がやってきて、ゴジラは戦って、傷を負いながらも、敵を倒して、結果的には人類を救っているんです。人類を、日本を、地球を守っている。ゴジラは破壊と創造だと思うんです。

日本は、今、外国の産業に追い越されっぱなしです。日本で大手でも世界から見ればかなり離されていたりします。日本は自分の技術にもっと自信と誇りを持ち、日本のAIサービスは、外国に負けないようしっかり確立させて毅然と正々堂々と恐れることなく勝負する、立ち向かうべきです。自分たちの技術、サービスを守る。「Save the Japan」

AIはリビルド、再構築です。人はクリエイトな仕事に特化し、常に生まれ変わる。アジアのゴジラを目指しています。

–ちよ子
おーーー!!!感動~!!!(拍手喝采*)
何も知らないでノコノコやってきましたが、凄く感激しました!これからも頑張ってください!ありがとうございました!!

株式会社アジラさん・まとめ

社長の木村さん、エバンジェリストの相澤さん、天才エンジニアのトゥアン・アインさん、営業の柿沼さん、ITコーディネーターの三村さん、春山さんなど、お話しお伺いさせていただきました。

皆さん同じことを仰います。
「技術をもっと上げたい」「お客様に役立つサービスをもっと作りたい」「社会貢献したい」
そして
「人に役立つ、人にやさしいAIをつくりたい」

皆さんが同じ言葉を発するということは、企業理念が全員しっかり共有されていて、社長と社員が信頼し合い、目標、志、気持ちをひとつに集中して取り組んでいるということでしょう。これが、必ず、人に役立つと信じてAIを、APIを作る人たちがいるということ。今回初めて知って、とっても勉強になりました。楽しかったです!

皆さん、私達も「人にやさしく、AIにもやさしい人」でありたいですね!

▼株式会社アジラ
人工知能(AI)特にDeep Learningを活用した画像認識&行動認識サービスの企画開発
https://www.asilla.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/asillajp/

おまけその1 アジラさん町田限定の親子セミナー

アジラさんから、町田限定の親子セミナー開催のご案内です。
先着50名!!無料で体験!『人工知能(AI)と論理思考の親子セミナー』を開催します!<※町田限定>

8/26(土)14時~16時
まちふれ親子教室 | 町田で未来にふれてみよう

申込者多数のため、午後枠が作られました!定員50名まで!
詳しくは、こちらからお申し込みください。
http://blog.asilla.jp/entry/machi-hure-2017summer

おまけその2 その他のブースはこうだったよ!

こちらの記事もどうぞ♪
アジラさん取材の後、拝見した面白いブースです!

シンカリオンにモンチッチ。ココモンとあわあわシャンポッポ!【第7回ライセンシングジャパン<キャラクター&ブランドライセンス展>】
https://yumelog.com/2017cocomon/