コワーキングスペースを巡る旅の連載。
第13回目は、和歌山県和歌山市にある「T-LABO」さんです。
和歌山は、同じ和歌山市で書店の2階にある「コンセントさん」にも取材に行きましたが、こちらのT-LABOさんはJR和歌山駅から近く、社会福祉法人さんが運営しているコワーキングスペースです。一体どんなところなんでしょうか?

今回も、まったり・のんびり・ぽ~よぽよ♪ ノマドワーカーで温泉ソムリエちよ子が、ぽてぽて♪ 行ってきま~す!

T-LABO「福祉施設」人と触れ合える場所

和歌山県和歌山市美園町。JR和歌山駅から徒歩5分、美園商店街にあるコワーキングスペースです。
今日は、スタッフの石川さんにお話し伺います。

–ちよ子
今日は、よろしくお願いします。
この後、イベントが控えていて、設営準備がある中、その間にスミマセン!
社会福祉法人さんが運営しているコワーキングスペースだそうですが?

–担当石川さん(以下石川さん)
はい、社会福祉法人つわぶき会が運営しています。平成26年に開店しました。
2階がT-JOBという福祉施設として、自立訓練と就労移行支援の福祉サービス、1階がT-LABO、就職の訓練の場、地域交流の場となっています。
私達は、社会福祉法人の支援員として、障がい者の方の訓練や作業のサポートなどをしています。

–ちよ子
社会福祉法が運営している福祉施設なんですね。それでコワーキングスペースもされてると?

–石川さん
地域性を深めるためのカフェ、コワーキングスペース、貸しスペースとしてご利用いただいてます。W-Fi完備なのでコワーキングスペースとしても使っていただけますし、仕事で打ち合わせをしたり、勉強会を開いて勉強したり、懇親会、交流会など、地域の皆さんの活動拠点になるように、地域の皆んさんのコミュニティの場というコンセプトで行っています。

また、障がい者の方の就職に向けた訓練や作業の一環として、お客様にサービスをしていただいています。ドリンクを作ったり、接客をしたりですね。そのお手伝いも支援員がしています。

–ちよ子
そうなんですね、ドリンクをテーブルに置くだけでも、練習になりますよね。支援員さんにサポートいただけるなら、訓練中の方もお使いになられてるお客様も安心ですね。

–石川さん
お陰様で、他の福祉関係の方など、よくご利用いただいてまして、機会も多く、いろいろな人と出会って体験できるので、ひとりひとりが、ほんとに成長できる場だと感じます。

利用者の皆さんは、訓練中とはいえ、人と触れ合う機会がなかなか少ないんです。家族と、訓練所のスタッフだけなど限られた世界になりがちです。注文を聞いたり、接客や店舗での様々な体験。簡単な作業ひとつひとつを通して、地域の方と触れ合えるのは貴重なことです。

願いは、働くこと

–ちよ子
イベントなどがあって、そのお手伝いという訓練だけでも、皆さんにとっては貴重な体験になるんですね。

–石川さん
自立訓練及び就労移行支援の福祉サービスの利用期間は原則2年と決まっています。
それぞれの期間で、利用される方のいろんな変化を期待しています。
人の前に立てなかった人が立てるようになる。人の話を聞かない子だったのに人の話をちゃんと聞けるようになる。
変化があるんですね。

ただ、せっかく就職できても結局辞めてしまって離職する、続かない問題が現実にありますが、一緒に訓練をして成長を見てきた側としても、やる気をもって就職した本人、そして雇ってくれた会社にとっても損失です。

3者の願いは「長く働いて欲しい」ひとつなんです。
そこで、私達は5年間を1つのくぎりとしてサポートしていくようにしています。
一度自信を無くして行きたくなくなったとか、シンドイなど、本人の話を聞いてあげたり、会社側にも、こういうところがあるから、気を付けてほしいなど、双方にフォローしたり。

–ちよ子
仕事には流れがあるので、現場の皆さんは大変だと思いますが、そういった細やかなフォローがあると、雇った会社と送り出した福祉施設、そして利用者さんとの3者間の信頼関係ができていきますね。お仕事ができるって、生きていくのに、重要なことですものね。

–石川さん
まだまだT-LABOの運営にも、課題はあります。直接T-LABOが主催するイベントを実施できないことです。いずれは、この施設で訓練してる利用者さん達で何か出来たらいいのですが。

我々は、障がい者さんの自立支援、就職を支援することをお手伝いする支援員です。もっともっと地域とつながっていきたいのですが、つながっていく方法をさがしています。皆さんにもお手伝いをお願いしたいです。

いろいろな機会を体験して笑顔に

–ちよ子
実際に使ってくださってる皆さんや、地域の皆さんにも、利用者さんの訓練の場でもある、このT-LABOさんという存在を「知って」いただき、地域の皆さんとの交流によって「ご助言など、いろいろ教えていただけたら」ありがたいですね!

–石川さん
そうですね。このコワーキングスペースや貸しスペースがあってイベントや交流会、勉強会で皆さんに使っていただけるお陰で、利用者さん達が訓練できる貴重な機会を与えてもらってます。

いろいろなイベントがあって、中には笑ってる皆さんと一緒に、本人も笑ったりするんです。
イベント中に、いろいろな機会を体験して笑うんです。
人を笑顔にすることが出来るって、笑顔になるって、素晴らしいです。

–ちよ子さん
利用者さんが、笑顔になるって、希望ですね。わたしも嬉しいです。

–石川さん
今、使っていただいているイベントとしては、子どもさんのダンス教室や、手話教室、認知症の予防教室、一般の方の書道教室などですね。
キッチンがあるのも特徴で、ジビエフェスタをやったり料理教室をしてる方もいますしお店を出す前の練習期間、プレオープンで使うこともありました。

–ちよ子
キッチンが広くて使いやすそうで良いですよね!キッチンの需要はこれから増えそうですよ!

リアルに働く体験をどんどんしてもらう

–石川さん
イベントで多いのは、音楽ですかね。ライブなど。
年一回、毎年ミュージカルイベントが開催されて、100人くらい人の出入りがあって、利用者さん達もドリンク販売やチケット渡しなどしています。
このようにリアルに働く体験をどんどんしてもらうことで、慣れていく人も多く、始めは消極的な利用者さんも前を向いて動けるようになったりしました。

–ちよ子
リアルに働く体験ですか…。そういうのって大切ですね。訓練や作業だけじゃ体験できないですものね。

–石川さん
ここは、駅からも近いですし、ハローワークが近いんですよ。ですから個人の方、職探し中の方が食べもの持参でコワーキングしていくことが多いです。

–ちよ子
えっ?!ハローワークが近い?!食べもの持ち込みOKなんですか?!

–石川さん
はい。飲食持込OKです。このたび、ご要望にお応えしてドリンクサーバーを追加設置させていただきました。ワンドリンク全品200円で、ドリンクバー(フリードリンク)は400円です。ホット・アイスともにメニューを拡充しましたので、皆様のお越しをお待ちしております。

–ちよ子
ドリンクバー400円はありがたいです!
個人的には、カルピス、ジンジャーエールがあること。コーヒーが3種類、カフェモカ、ココアがあること。ウーロン茶とほうじ茶のホットがあること、コーンポタージュスープがあるのが嬉しいです!!ファミリーレストランのような品揃え♪

–石川さん
近隣の事業所の方など、よくお昼食べに来てますよ。最近は、大きなイベントや、会社の会議、ミーティングにも使っていただいてます。

このコワーキングスペース、セミナースペース、キッチン、ミーティングスペースは、まだまだ多目的に使っていただけると思います。
福祉の現場としては、模索中ですが、最終目標は、利用者さんだけで定期的にイベントや何かを開催できるようになりたいです。

–ちよ子
そうですね!想像してみました。
2階で訓練した皆さんが、1階で何か開催して、お客さんをお招きして、買ってもらったり食べたり飲んでもらったりする。つまり働くこと。
人と触れ合い、体験する。そんな、皆さんが「2年でここを巣立つ記念式典」のようなものであり、かつ、毎年開催して、毎年皆で同窓会、里帰りのように参加して体験できるような。その先に「笑顔」になれたら…!そして、それが毎年続いていくこと!!

そんなことを可能にするためにも、福祉に関心のある方、いろいろお考えをお持ちだったり動ける方、純粋にお近くの方、イベントやコワーキングされたい方、ぜひ、T-LABOさんに行ってみてください!!!

和歌山県和歌山市 T-LABOさん/まとめ

社会福祉法人が運営するコワーキングスペースと聞いて、最初はよくわかりませんでしたが、お話し伺って、なるほど、いろいろ大変なこともあり、そして日々、小さな喜びがあることを、知りました。

人と触れ合うこと、体験すること、笑顔になること、働くこと。

これらが、当たり前じゃなくて簡単じゃなくて、一所懸命、訓練して慣れて、やっと、ひとつひとつ出来る人がいるんだってこと。

どんな人も「触れ合い」「体験」「働いて」「笑顔になる」って、嬉しいよね!

そして、そんな人たちを、サポートして手伝って「変化」「成長」していく姿を傍で見守って見送ってくれる福祉の現場の人たちがいるということ!!!

今回、取材に来てお話し伺って、知ることが出来ただけでも、ありがたかったです。和歌山に、T-LABOさんがあるということ。皆さんにも知ってもらいたい!
石川さん、お話し、ありがとうございました☆最後は、ニッコリ笑顔でね♪

T-LABO
和歌山市美園町5丁目4-2
http://tlabomisono.com
Facebookページ
https://www.facebook.com/tuwabuki.labo/

オマケ1:和歌山城とおもてなし忍者

今回、和歌山は花山温泉に入ったり、南海フェリーに乗って徳島に行ったりしましたが、これらは後日、別記事でアップします。
和歌山と言えば!の、ちよ子がセレクトしたベスト3のYouTube動画をご紹介させていただきます。

まずは、平成30年、天守閣が再建されて60周年になる「和歌山城」!

おもてなし忍者って、ご存知ですか?車椅子の方のサポートをしています!

和歌山城の観光のお手伝いもしており、外国人観光客にも外国語でご案内したり、夏休みには忍者体験なども!

オマケ2:和歌山のゆるキャラ/わかぱん・きいちゃん・うめっぴ・みかっぴ

和歌山のゆるキャラさんをご紹介します。
上野動物公園で生まれた赤ちゃんパンダ、シャンシャンは大人気ですが、和歌山にもパンダがいますね!

「わかぱん」和歌山観光PRシンボルキャラクターだそうです!

和歌山を表す「紀の国」と「紀州犬」の頭文字「き」をとって「きいちゃん」。2015年に和歌山県で開催された「紀の国わかやま国体・大会」のテーマソング「明日へと」のダンスです!

和歌山と言えば!王道の紀州梅と蜜柑が有名ですね。
うめっぴ。みかっぴ。テーマ曲が、まさかのハートフルボイス!!まん丸なので手しか動かせないのは辛いけど綺麗な声で「うめ・うめ・うめ・うめ・うめっぴ~♪まずはうめサワー♪」がいいです(*^▽^*)☆彡

以上、和歌山の旅行、観光に、ご興味を持っていただけたら嬉しいです☆彡

▼関連
【和歌山県和歌山市】コワーキングスペース コンセントさんに行ってきました!

Coworking.style【和歌山県和歌山市】コワーキングスペース コンセントさんに行ってきました!