まず「コワケ」を実践していきます!

初回の「プレミアムフライデーは『おふろ♨ワーク』」は、2018年6月29日、おふろcafé bivouacさん(埼玉県熊谷市)で10時00分~24時00分で開催します。

ただ今回は、すでにお1人、初回に参加くださった方が途中まで参加くださり、また、リモートで数名ご参加いただいている状況なので、イベントページを利用しての募集を行わず、もし、ご興味がございましたら、直接、Facebookのメッセージでご連絡お願いします!

■詳細PDF■ 2018年6月29日プレ金おふろワークはじめました

なお、驚かれると困るので、予めお伝えしておきますが、当日、現地はちよ子だけ、和彦もリモートで参加という、「ホントにやってるの?」と思われるかも知れない状態でのスタートです (^-^)/

なぜなら「プレミアムフライデーは『おふろ♨ワーク』」は私たちが最も力を入れていくイベントなのですが、だからこそ「サスティナビリティ(継続できること)」を最重視してます。

特に重要な「最低参加人数」ですが、ここを「1名(=本人だけ)」に設定しています。
つまり「主催者1人が現地にいればできるイベント」にしたいんです!
で、そういう人とリモートで繋がったり、共催したり…みたいな繋がりをしていきたいんです!

短い「コワケ」とは真逆の、超長い「コワケ」を計画中です

実は当日、和彦はコワケーション提唱者の伊藤さんと、実践者の江原さんの講演を聴かせていただく予定です。

そしてちよ子も夜、別会場で開催される伊藤さんの講演をリモートで聴かせていただく予定です。

■詳細■ 移働の時代〜Beyond the Coworking〜 Vol.4 「旅と仕事と移住とワタシ〜これからの「移働の時代」の歩き方」

それに伴い先駆けて、おふろ♨ワークとは別の切り口のコワケも考えています。
うちが勝手に定義した「コワケ」は「手軽で身近であること」です。
これに「短い」を加えて日帰りにしたのが、おふろ♨ワークです。

一方で、海外のCoworkationと同じ「最低2週間、1ヵ月2ヵ月アタリマエ」のコワケも考えました。
長いのにコワケというのは矛盾するかも知れないのですが、この場合は「少ない」を加えてます。
それは「コスト負担が少ない」というイメージです。

例えばゲストハウスのドミトリーの料金。
仮に1人2,000円で考えますと、1か月30日で考えますと60,000円です。
1泊2,000円と聞けば激安だと思いますが、でも月60,000円の家賃でドミトリーのベッドって激安だと思いますか?
もちろん、クリーニングや水道光熱費なども含めて考えると割安なことには間違いありません。

でも、周辺の家賃相場をベースにコワケーションできるような、費用負担の少ないコワケがあった方が可能性が広がるはずなんです。
ただ、伊藤さんが年単位のColivingについてで説明されてますので、これは「コリビ」かも知れません。

■詳細■ 「移働」の時代に、Coworking + Coliving がじわじわ来る。言ってみれば、これからの働き方について

で、この辺に個人が持て余しているリゾート物件が活用できるのではないかな…と思ってます。

まだアイデア段階ですが、同じようなことを考えている人がいれば、ぜひ、一緒にやってみたいと思ってますので、ざっくりと書かせていただきます!

これができると面白いんじゃないかな…と思ってます

コワケーションの課題
・現在は旅館やゲストハウス、民泊などの物件が主体
・そもそも観光者向けの施設が多い(特に繁忙期は高額)
・付帯設備も基本的には短期滞在が原則

リゾートの物件の課題
・住まないと建物が傷むが、なかなか行けない
・売りたい場合、安くても売れないことも少なくない
・貸したい場合、民泊は不安(あるいは禁止)

うちのアイデア
以下の2つを構築することで、双方の課題が解決できる可能性がある
・信頼できるコワケーションを行う側のネットワークの構築(以下、ユーザー団体)
・物件所有者(あるいは仲介事業者)の側のネットワークの構築(以下、オーナー団体)

オーナー団体のネットワークのイメージ
このネットワーク内で、以下のものを提供したい
・ネットワーク内の他の物件の相互利用で、自分の物件だけではなく、他の物件も利用することが可能
・リゾート会員権とは違う(1つの部屋をさらに分けて所有するのではない、通常の物件)
・売却希望の場合に、売却できるまでの間、賃貸収入(※)を得ることが可能になる

通常の定期借家契約よりも手軽で短い再継続の必要の無い1ヵ月単位など
民泊のような不特定多数への賃貸ではない(=法人の保養所契約みたいなもの?)

なんか難しくて怪しそうなのですが、ざっくりこういう感じです!

1.
うちの御宿(千葉)ないし、秩父(埼玉)とかの物件ですが、行かないと管理費とかがもったいないんです。
かと言って、民泊までやるつもりはなく、使ってくれる知り合いが使ってくれればOK。
でも、自分の知り合いだけじゃ、そうそう使ってくれる人がいないので、「コワケーションやりたい人のテスト用」に貸し出してみようと思ってます。

2.
でも、ただ個人に貸すだけでは、全然広がらないので(結局、知り合いと同じで空いてしまう時期があるので)、そういうことやりたい人のネットワーク(=ユーザー団体)を構築する必要があるな…と。
もちろん、うちだけじゃできないので、すでにやっているところとかと協力しながら!

3.
一方で、うちの物件だけでも、全然足りないので、同じようにやる物件所有者(仲介事業者も含む)を集めたネットワーク(=オーナー団体)を構築すると、すごい面白そうな気がしました。

4.
オーナー同士が繋がれば、自分の物件と他のオーナーの物件と、リゾート会員権みたいな相互利用できる気もしてます。

5.
しかも、もし売りたい場合も、売れるまでの間にユーザー団体の利用者が利用してくれれば、その収入があるので、維持管理費の負担を軽減することができるかな…みたいな?

これができれば、うちも秩父や御宿だけじゃなくって、手軽に貸して色々なところでリモートワークできて楽しそう。

あと(別荘的なものを持っている身としては)維持管理の上でも使ってくれる人がいた方が良いわけで、例えば管理費とかだけ払ってくれて、その間、草刈とかしてくれるような人が住んでくれても助かるんですよね。

ってことは、同じような人がいれば、ノマドの管理人さんなんで仕事もできるんじゃないかな…みたいな?

つまり、例えば年に1ヵ月ずつ、各物件に住んで傷んだところの報告や修繕手配などをしつつ、終わったら次の物件に移動という感じです。

しかも、ユーザー側にとっては、今みたいな賃貸契約、いらないですよね?
春はここ、夏はここ、秋はここ、冬はここ…みたいな感じで、同じ予算で住めるところに、次々移れば良いわけです。
極論としては、別に日本じゃなくっても良いわけで!

なぜコワケーションなのか、組織化が必要なのか?

もしこんな仕組みが魅力的に構築できたら、コワケーションなんて言葉を知らない人たちも、普通に利用すると思うんですよね。

でも、そもそも今、1~2ヵ月単位で全国各地を巡って仕事できる人なんて、どんだけいるかといえば、いないんです (^-^;;

だから、できる人たちを集めて「ユーザー団体」をつくりつつ、宿や旅館よりも安く長く借りられるような物件を提供してくれる人たちを集めた「オーナー団体」が必要になるだろうな…という感じです。

ちなみに組織化を強く求めているのは、別に利益を独占しようとかそんなわけじゃなくって、それぞれバラバラにやってたら弱いんで、繋がりたいな…という発想ですねー。

もちろん、(リゾート物件の)オーナー団体と、(コワケーションの)ユーザー団体はセットじゃないです!
セットで考えちゃうと、それぞれの可能性をつぶしてしまいます。

どういうことかと言えば、オーナー団体は、コワケーションのユーザー団体だけじゃなく、同じように信頼できるような組織と繋がっていくことで大きくなります。

一方で、ユーザー団体は、リゾート物件だけではなく、ホテルや旅館や民宿はもちろん、民泊やネットカフェまで巻き込んで繋がってこそ、全国各地、あるいは全世界でコワケーションができるようになります。

まず、この仕組みを面白いと思ってくれる人を探すところからスタートです!
で、やってみないと説得力でませんから、うちの物件とか、やらせていただける物件を利用して、実証していきたいと思ってます。

そして「実証結果」をベースに、興味を持ってくれる人たちと、やってみたいですね。

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 Comments

  1. たのしい発想ですね。とてもわくわくします。家族ができたら家族も伴ってスタイルを継続できるでしょうか。どうなんでしょうね・・・。制約がない人に限られてしまうでしょうか・・・。と、ふとおもいました。

    • ちよ子

      ありがとうございます m(_ _)m
      仰せの通り、家族(職場や学校や介護など)の課題があり、おそらく今は「制約がない人に限られてしまう」という段階だと思います。
      ただ、だからこそ制約がない人が率先してやってみて、ひとつずつ課題を改善して、より多くの方ができるようにしていくべきじゃないかな…なんて考えてます。
      .
      クルマも電車も無い時代には、今のように家族で国内旅行、さらには海外旅行なんて、考えられなかったと思います。
      でも、それができる時代になりました。
      そう考えると、たぶん、遠い未来のわくわくではなく、近い将来、自分の世代でできる可能性の高いわくわくかな…なんて思ってます。

皆さん、ありがとうございました m(_ _)m: Please share to the world🙏