2018年6月29日(プレ金)オープン

ノマドのノマドによるノマドのためのコワーキングスペース
(ノマドな私たちは、どこのコワーキングスペースの会員にもなれず、いつもドロップイン…。たぶん、同じような人もいるんじゃないかと思って、私たちのコワーキングスペースをオンライン上につくってみました)

運営スタイル

* 無料のコワーキングスペース
* 拠点はオンライン(FB&Slack&Zoom)
* 各メンバーはリモートで各地から参加
* リアルの場でコワーキングしたい場合は各自で調整
「今、新宿のカフェにいるんですが、だれか一緒に作業します?」
「明日、うちのリビングを開放しますが、誰か来ます?」
「出張するので、コワーキングスペース◎◎で一緒にノマドしません?」
* プレミアムフライデーは「おふろ♨ワーク」を毎月開催

ご登録はFacebookページに「いいね!」するだけです

コワーキングスペース Tips.work 公式Facebookページ

ご利用案内

いずれも無料です。

とりあえず見学したい方
以下のFBグループからご覧ください(公開型なので参加不要です)
https://www.facebook.com/groups/Tips.work/

交流やスキルアップをしたい方
以下のFBグループからご参加ください(承認制です)
https://www.facebook.com/groups/OnlineMeet/

さらに自分や自分たちの活動と繋げていきたい方
情報共有にはFBグループに加え、以下のZoom&Slackも利用します
面識のある方に限定してます(オンライン、オフラインは問いません)
https://zoom.us/j/3635130682
https://tips-work.slack.com/

ご挨拶


私たちが各地のコワーキングスペースを巡らせていただき感じたのは「どちらも唯一無二の素晴らしい特色がある」ということでした。

特に参加したいセミナーやコミュニティが沢山あって、帰ってきてからずっと「行けなくても繋がれないかな?」と思ってました。
そこで、(コワーキングスペースを名乗るのは恐縮ですが)Tips.workをつくり、行けなくてもリモートで繋がれるような「コワーキング」をやっていきたいと思います。

まだ夢を語れるほど偉くはないのですが、皆さんと一緒に、こういうことを目指していきたいと思ってます。
営利非営利を問わず、ご興味がございましたら、お気軽にご参加ください。

なお、Tips.workの活動は呉越同舟も大歓迎です。
イメージとしては、フランチャイズではなく「オープンソース」です。
成功モデルをお手本に真似たり、アドバイスをいただきながら、各自で切磋琢磨いきたいと思います。

by Chiyoko♨Kazuhiko(コミュニティマネージャー)

「手軽にリモート参加できる」スキームづくり

現在、来られる人だけを対象にしているセミナーやワークショップを、どこからでもリモートで参加できるようにしていきたいと思ってます。

家事や仕事の合間に、自宅や会社やカフェなどから手軽に参加できれば、喜ぶ人は多いはずです。
主催者にとっても、講師や受講者の確保がしやすくなるのではないかと思います。

このスキームができれば、学校などが廃止されてしまうようなエリアの子供たち、あるいは大人たちを手助けすることもできるのではないかと考えています。

「手軽に空きスペース活用できる」スキームづくり

都市部のコワーキングスペースでは、慢性的な空席不足に悩まされている利用者も少なくない一方で、空きビルなども増えてきている状況です。

すでに地方では、会社の空きスペースなどを利用して、コワーキングスペースを運営されている方もいます。
都市部でも個人でも民泊だけではなく、自宅の居間をコワーキングスペース的に開放したり、駐車場を時間貸ししたりする動きがあります。

このような動きの中、空きスペースを持つものが、利用したい人に手軽かつ安全に貸せるためのスキームを考えていきたいと思います。

「リモートだけではなくリアルに繋がれる」スキームづくり

リモート参加はリアルな交流を否定するものではなく、むしろ、リアルな交流の場こそ重要だと考えています。
リモートで繋がった方々の元に行き、その地域の魅力を堪能できるようなスキームを考えていきたいと思います。

・おふろ♨ワーク http://Ofuro.Work
・AshiyuMEET http://2525.net

NPO法人JBAのノウハウを活かした展開をしていきます

地域おこし相談センター
各地の地域おこし関係者との草の根的な横のつながりで、幅広い相談への対応を目指します。

2018年、NPO法人JBAが変ります

リゾート物件を活用したコワケの実証
ホテルや旅館やゲストハウスとも、民泊とも違う、リゾート物件の新たな活用方法を考えていきます。

まず「コワケ」を実践していきます!