ご協力いただきましたBackpackingの達人から、食事中にこんな疑問を投げかけられました。
「今回のようなツアーが(ボクらの)収入源になるとは思えないんだが?」
.
達人に限らず、多くの皆さんが「あなたたち、どうやって生活していくの?」と疑問に思われるはずです。
.
その答えを求め、2017年から日本各地を探索させていただきました。
そして感じたのは「ボクらもそうだけど、これからの日本、どうやっていくの?」です。
.
日本にはボクらよりも遥かに長い寿命があります。
でも、国を支えて税金を支払う人口は減り、一方で税金を必要とする高齢者が増える時代です。
その高齢者を支えるための負担が、どんどん増えています。
.
だったら、一緒に考えちゃおう!
.
地域活性化、働き方改革、インバウンド。
この流行り言葉をキーワードに導いたボクらの計画が、これから具体的にスタートしていきます。
そこで「あなたたち、どうやって生活していくの?」の答えを見せていきたいと思います。
もしかすると「これからの日本、どうやっていくの?」のヒントになるかも知れません?
.

地域活性化=定住シェア

地域に必要なのは「定住者(=地域のために働ける人)」だと思います。
一方、そこまでの覚悟が無いから、多拠点ノマドのボクらは「関係人口」という形で距離感を保ちつつ、模索していました。
でも地域に拠点(ボクらの物件)があり、そこに友達と交代で暮らせるような仕組みができれば、「交代制の定住」というのができるのではないかと考えました。
そして、これに賛同した仲間たちの拠点で交代制の定住をしていけば、常に各地に「誰かが定住」する仕組みができると思います。
そうすれば、1人の関係人口の立場では難しかった「地域の負荷に対する奉仕」も可能になります。

【にほんご】関係人口と多拠点(2018年7月30日版/和彦作成)

働き方改革=Our exchange

地域での生活に必要なのは「金銭的な負担の軽減」だと思います。
賃料や時給は都市部に比べて低く、そのため多拠点ノマドのボクらは「リモートワーク(仕事は地域ではなく都市部)」をしてました。
でも、例えば野菜など、かなりの頻度でいただけることがありますが、だったら「コスト交換で生活」できるのではないかと考えました。
つまり、物々交換だったり、モノ=労働交換だったり、労働=労働交換だったり…。
極めて原始的かも知れませんが、そもそも今の貨幣経済自体が、モノ=金銭交換、労働=金銭交換で、しかも今は仮想マネーも含めた多彩な支払方法が増えてきてます。
だったら、昔に戻るのではなく、今の支払方法の拡大の発想で、モノや労働そのものを通貨にできるのではないかと考えました。
そうすれば、実際に支払う金銭を最小限に抑えた生活をすることが可能になります。

【にほんご】Our exchange: 「どうやって生活していくの?」の答えです😊 1 of 3(2018年8月7日版/和彦作成)

お互い消費しない新たな雇用スタイル

例えば人を雇いたくても雇えない小さな地方のお店があって、「お金は払えないけど、ごはんならごちそうできます」。
定住シェアの誰かが「それなら、ぜひやってみたい」。
多くの人は、これはボランティアであり、ビジネスではないと感じるはずです。
でも、「お金じゃない部分をお金に換算する発想」があれば、ビジネスになりうると思います。
例えば、1食が1,000円相当だったのなら、働くのは1,000円分。
逆に1,000円以上働いて欲しいのであれば、お土産で野菜をつけるとか、不用品をあげちゃうとか、できるはずです。
または「足りない分は、あなたの好きなものを置いて売らせてあげるよ。手数料は…」も、できるはずです。

【にほんご】Our exchange: 「どうやって生活していくの?」の答えです😊 2 of 3(2018年8月7日版/和彦作成)

納税とは違う形で日本に貢献


昔なら作物による年貢、労力による参勤交代など、お金ではない納税方法がありましたが、今の制度ではコスト交換では対応できず、結果として国や自治体が破綻してしまいます。
そうなれば、道路などの公共インフラの整備、社会福祉などができなくなり、ゴーストタウン、ゴースト国家になりかねません。
ボクらはそうならないために、訪日観光を基軸にした外貨獲得、旅行者による日本へのビジネス的な貢献が必要だと考えました。
最後のキーワードのインバウンドは「Only One Tour」で進めていきます。

ざっくり簡単にまとめます (^-^)/


「あなたたち、どうやって生活していくの?」
 →「Our exchange(コスト交換)です」

■ボクらが交換できるもの
・所有物件を貸すこと(でも、そのままでは使えない、どうしようか…?)
・Only One Tour(あなたのためのツアープランニング、結構、得意です)
・運動不足のアラフィフ夫婦でも可能な軽作業も一応できますが… (^-^;;
・ボクらの今までの経験や情報でもよろしければ
・不用品(一掃するつもりで、今後、リスト化していきます)
・月額2万円(基本は使わずに繰り越し予定)

■交換したいもの
・今は「来るものは拒まず」OK!
(もちろん合法的なものに限ります。あと、交換を掲載できること(匿名OK)、誰かと再交換してもOKなものであることが条件です)

お世話になっている皆さんへのお願い


ジョークとしか思えないようなプランですが、真面目かつ真剣にやってみます!
実はこのアイデアはお世話になっている皆さんがされてらっしゃることが、ヒントになってます。
ですので「あ、これは、ボクだな」「ここは私ですね」みたいな部分、絶対にあると思います。
.
ただ皆さんのものを取り入れさせていただいた結果、「全くの未知のもの」になりました。
今までは皆さんがお手本だったのですが、これからやっていくことには、お手本が存在しません (^-^;;
.
自分で言うのもなんですが、結構、画期的なアイデアではないかと思っており、実現不可能ではないとも思います。
もちろん当然、計画通りになど進むとは思っておらず、失敗や修正の繰り返しになるはずです。
.
でも、その試行錯誤は、たぶん皆さんならヒントとして活用いただけるのではないかな…と思います。
宜しければぜひ「コスト交換」させてください!
.
.
.
.
.
P.S.
もし、すでに同じようなことをされてらっしゃる方がいらっしゃれば、ぜひコスト交換させてください。
あと、これを見て自分もやってみたいと思った方も、ぜひコスト交換しましょう!