コワーキングスペースを巡る旅。初めての新潟県です!
新潟は、妹の旦那さんが新潟出身で、「栃尾の油揚げ」をお土産にいただいて、とても美味しく!そしてなんといっても美味しいお米コシヒカリ!のイメージが大きいです。SeaPointさんは、海の目の前にあるんです。新潟で海と言われても「?」です。日本海というと「荒れる寒い冷たい海」のイメージです。そんな何も知らないまま、いざ!まったり・のんびり・ぽ~よぽよ♪ 温泉ソムリエちよ子が、ぽてぽて♪ 行ってきま~す!

SeaPointさんは海が目の前・海の家だった!

ちよ子達は、群馬県の高原千葉村(みなかみ町、猿ヶ京温泉の近く)に宿泊していて、そこから行きました。往復8時間かかりました。遠かった…!群馬からだと新潟でも湯沢町とか南魚沼市なら近かったけど、新潟市は遠かったんですね!甘く見てました!海に行く途中、ずっと一本道で、左右が延々と田園風景だったのが美しく印象的でした~!

関屋浜に到着です。ここに車を止めて海岸へ。左右に公園と広場があって子どもたちが遊んでて長閑♪

うおー!海です!日本海です!

きゃ~♪

綺麗~♪

砂浜が白いサラサラの砂!一気にテンション上がります!

どーん!
海の家であり、コワーキングスペースでもある、Sea Point Niigataさんです!(以下SeaPoint)

海の家だけど、コワーキングスペース

思いっきり海の家ですが、コワーキングスペースなんです。
2時間利用で500円。フリードリンクつき。何杯でもOKです。
1Dayだと、ランチ付きで1,500円。お好きな時間にランチをいただけるのは、ありがたい。営業10:00-21:00 日曜は19時まで。火曜日が定休日。1月~3月は、建物全体がお休みです。

月額会員は、月1万円。朝6時~24時まで使えます。
食事が20%オフで食べられたり、来客5人までFreeだったり、イベント参加500円オフなど特典も様々。
また、月1万5千円のネットワーク会員になると、Co-baメンバーとして、全国にある連携コワーキングスペースに割引または特典付きで使えます。
詳しくは
http://tsukuruba.com/co-ba/member/

夏の間は、海に遊びに来たお客様で大にぎわい!無料wi-fiがある所は多いですが、充電できるところというのは、なかなか無いため非常に喜ばれたそうです!食べて飲んで喋ってる間、2,3時間もあれば充電できて、無料Wi-Fiで撮った思い出の記念写真なんかもアップロードしたり同期したりSNS投稿したりできますもんね。

夏が終わっても、普通にコワーキングスペースとして使っている方は多く、この日も背広姿の男性がカタカタ仕事してたり、打ち合わせ中な方など複数いらっしゃってました。

コワーキングスペースだけど、海の家

コワーキングスペースですが、海の家なので、もちろんお食事もできます。メニューが凝ってるんです!貝殻のお皿とかビジュアルが素敵です!

カウンターもあります。
スタッフさんによると、ワインやカクテルの他、ノンアルコールの飲み物を多く置いていて、お客様の「こんなの作って」というご要望や「爽やかな感じで」など、その日の気分や、着ているお洋服からイメージして即興でドリンクを作ってお出ししてくださるそうです。素敵ー!!!

また、コワーキングの1dayは、好きな時間にランチを食べられるので、仕事がひと段落してから、自分のペースでゆっくり食べられると好評だそうです。ランチがついて一日居られて1,500円はありがたいですよね!

ママさんたちがお子さんを連れてランチ会というのも多いそうです。
段差のないフロアーで、キッズスペースもあるので、食べて飲んで話して子どもたちも遊べて、目の前が海ですから開放的と、非常に喜ばれているそうです。その他、貸し切りライブがあったり、電気を消してキャンドルを灯して、波の音を聞きながら月一回ヨガをやったりも!波の音を聞きながらヨガなんて、このロケーションに最高ですね!

代表の鈴木博之さん「飲んで食べて仕事もできる海の家」

–ちよ子
今日は、どうぞよろしくお願いします。
SeaPointさん、ほんとに海の目の前ですね~!海の家ですもんね!すっごく素敵で驚きました!
自主映画作成している方たちや写真撮るのが好きな方に、どんどん撮影に使ってもらったら素敵です!インスタの撮影場にも最適だと思います!

–鈴木さん
ここは、もともと、25年ずっと海の家だったところで、昨年の6月にリノベーションしてOPENしました。
「食べて」「飲んで」「好きな時にゴロっと横になれる」更に「仕事してもイイ」ところって無いかなと考えて、こうなりました。

–ちよ子
ほんと、そうですね。食べて飲んでゴロっとできて、仕事もできる。まさに海の家ですね!

–鈴木さん
コワーキングスペースの本質って、コミュニティ、交流だと思うんですよ。ITとかフリーランスって、なかなか交流できないんじゃないかというイメージがありました。

僕自身はサラリーマンをずっとやってて、フリーランスという言葉があったのは知ってましたけど、フリーランスの知り合いは全くいないし、フリーランスの方に会う機会自体がありませんでした。

まずはお茶して話して、ご飯食べて、働いて、様子を見る。仕事も飲むのも食べるのもコミュニケーションをとりながら、遊びみたいに出来ないかなと。

–ちよ子
お茶したり食事したりして話が弾んでいるうちに、いいアイディアが生まれたりしますもんね。

1年働いて「大人の秘密基地」偶然、設計は新潟出身だった!

–鈴木さん
もともと、この辺りが地元で、よく海に入って遊んだりトレーニングしたり思い入れのある場所でした。

–ちよ子
あっ、そうなんですか!

–鈴木さん
すぐ裏です。

–ちよ子
えーっ!じゃあほんとに地元の海の家でコワーキングスペースできたってことですか?!凄いラッキーじゃないですか?!なかなかできませんでしょ?!

–鈴木さん
そうなんです。福井さんという方が25年ずっとやってきた海の家で、「海の家をやる」という条件で運営を委託してくれました。
もともと東京で、ずっと金融の仕事をしてきましたが、病気で倒れまして、いろいろ考えました。
途中、新潟に帰って、海を見たりして行きついたのが「新潟のために何かできないか」と。
新潟って、起業する人が少ないんです。なかなか、新しいことをしない。
新潟のために何が出来るか。まず、何処に行こうか。地元の海があるじゃないか!海の家があることを思い出したんです。3年前の9、10月頃でした。

–ちよ子
そうだったんですね。生まれ育った新潟にUターンして、海の家に行ってみた、と。

–鈴木さん
仕事を作って、移住してもらう、活性化を目指していますが、まずは、「場」をやるしかないと。
福井さんの海の家に飛び込みで「働かせてください!」とバイトさせてもらいました。1年間働きました。
1年間働いて、悪い奴じゃないとわかってもらえるようになってから、夏以外、使っていない時、使わせてもらえませんかとお願いしました。やらせてもらっているうちに、秋やって、冬やって、春やって、夏やらないのもなんだから、そのままやってみればとなって、昨年の6月に改装しました。オープンして2度目の夏ですが、僕にとっては、3度目の夏ですね。

–ちよ子
1年間バイトで働いたんですね。その甲斐あって、信頼いただけて、コワーキングスペースとしてOPENできるようになった。

–鈴木さん
金融会社で働いてたので、最初は、料理も何もわからないのに、メニューから何から全部自分で作りました。

–ちよ子
えっ?!全部ですか?!それは大変でしたね!

–鈴木さん
大変でした!でも、今は、シェフの人と知り合ったので、お任せしています。

–ちよ子
良かったですね!やってるうちに、いろんな人と出会ったり集まってきたりしますから。
ここのリノベーションも、設計から工事まで、全部、ご自分でされたんですか?

–鈴木さん
実は、設計は他の方なんです。
ツクルバの飯田拓哉さん。コワーキングスペースを専門に設計している方で、新潟出身だったんです。ほんと偶然でした。【詳しくは⇒ 海水浴場にオープンしたコワーキングスペース co-ba niigata seapoint

–ちよ子
面白いですね~!設計の方も新潟だった!

–鈴木さん
工事は、自分たちで2か月かけて全部やりました。大人の秘密基地にしたかったんです。

–ちよ子
大人の秘密基地!!
自分たちで作って、集まっては食べて飲んで話して仕事して。まさに大人の秘密基地ですね!

2、3年後には関屋浜を話題の場所に☆

–ちよ子
今日もずっと打ち合わせや取材でお忙しそうですが、先ほどは、見学か何かでしょうか。大勢のスーツの方が来てましたよね。

–鈴木さん
行政の方が、東京の広告代理店を案内してましたね。

–ちよ子
凄いですね~!市が何かコラボでもするんでしょうか?
そういえば、サイトを拝見すると、Co-baネットワークに入られてるようですが・・・。

–鈴木さん
Co-baは、旅するように働こうがコンセプトで全国17箇所のコワーキングスペースが登録していて、面白いコワーキングスペースが多いですよ。九州の宮崎や熊本は海の使い方が上手なんですよ。島根の離島は、町役場が初めてコワーキングスペースを始めたりしてます。

–ちよ子
確かに、面白そうなコワーキングスペースが多そうですね!
そういう始めたばかりのコワーキングスペースもあれば、3年、5年と続けられてるところもあります。
SeaPointさんは、オープンして2年目の夏。鈴木さんにとっては3度目の夏になりますが、振り返ってみて、今、如何ですか。

–鈴木さん
大変でした。
でも「新潟」「海」「コワーキングスペース」で検索して来てくださる方が増えました。東京から来られる方も多いです。利用者さん同士のコラボ系のイベントが多いですが、使ってもらえて、皆さんからも面白いと喜ばれてます。

–ちよ子
とにかく目の前が海!このロケーションは何物にも変えられないですよね~!コワーキングスペースとしては、この海を目にしたら、暫く、ぼ~っとしてても、少ししたら「やろう」っていう気持ちになります!

–鈴木さん
今は、先のことよりも、日々の足元を固めてるところです。
日常が大事。いかに昨日と違う、今日はどれだけ新しいことにチャレンジできるか。スタッフも考えて動いてくれてます。0から1に行く間、0,1を広げていきたい。イベントだけ頑張るのではなく、日常を作っていく、足元を固める、力を蓄える時期ですね。

–ちよ子
0から1ではなく、0,1。日常の積み重ねですね。大事なことです。

–鈴木さん
本質を磨き続けることですね。まだまだ欠けてる。

–ちよ子
そこがチャンスですよ。その分磨いて伸ばすことができる、新しいことに挑戦できます。
さっき、外国人の方もいましたよ。写真撮ってました。外国人は、日本人と違って余暇を楽しむ大先輩!旅しながら仕事してる方が多いですよね。SeaPointさんなら、外国人の方も喜ばれると思いますよ!

–鈴木さん
そうなんですよ、外国の方も結構来られるんです。
少しずつ、街が新しい雰囲気になってきているので、地道に一歩一歩コツコツやっていきます。2、3年後には、利用者さんだけでなく、県外の方にも「いいね、関屋浜」「面白いね、関屋浜」って言われるようになりたいですね。

–ちよ子
うんうん、インスタやYouTubeから始まって、ビールとか芸能人とかCMや映画やプロモーションビデオでどんどん使ってもらって、雑誌や新聞やテレビにも取り上げられて話題になる。そうなりそうで楽しみです~☆彡

–鈴木さん
朝から晩まで、毎日、毎日、ずっと海にいます。
自信ない、なかなか出来ない、ダメなんじゃないかという人は、この関屋浜に来てほしい。この開放感を前にしたら「失敗したっていいんじゃないか」「誰も見ていない」「いいや、やっちゃえ」「やろうやろう」そんなふうに、新しいことにチャレンジしてみようという人を応援しています。

–ちよ子
見渡す限り、海ですもんね。
モヤモヤしてたり引っかかってたことも、吹っ切れる。無心になれる。勇気が湧いてくる。もともと持ってる力や希望が自然に湧いてくるというか。

–鈴木さん
今、起業を考えてる人に役立ててもらおうと、海の家大学というのをやっています。
起業するにあたっての知識を学ぶだけじゃなく、海に向かって「バカヤロー!」と叫んでみたり、体を動かしながらビジュアルづくりをしていったり。刺激になってます。

–ちよ子
この海を使わない手はありませんものね!

–鈴木さん
ここの海の家は全部で20軒あるんですよ。夏の間だけ開いてて、夏以外は閉まっているんです。閉まってるときも、もっと使えるようにしたいですね。一緒に観光地として何かやっていけたらとも考えています。

–ちよ子
お話聞いてると、出来そうな気がします!

–鈴木さん
僕は3年間、夕陽を撮ってるんです。こんな写真もありますよ。(スマホの写真を見せて頂きました)

–ちよ子
素敵です~!めちゃめちゃリア充ですね!

–鈴木さん。
そうですね、まさにリア充。
この町に移住する人が増えて、新しく始めたいという人が新しいコトにチャレンジできる、伸ばしていけるよう応援する、ひとりひとりが日常を充実できる、そんな人が集まる場所でありたいです。

新潟県新潟市 関屋浜のコワーキングスペース・SeaPointさん まとめ

今日は夕陽がで綺麗ですよと鈴木さんがおっしゃってましたが、群馬の高原千葉村に帰らねばなりません。陽が沈む前に帰りましたら、「この夕陽を見せたかった」と写真を送ってくださいました。


お写真:SeaPointの鈴木さんよりお借りしました

素晴らし過ぎますーーー!!!!
関屋浜、God!!!

新潟に海があった。日本海=荒れる海のイメージは変わった。
たわわな水着で焼けるような暑さとキラキラ眩しい賑やかさ=海ではない。
午後の光が穏やかで肩の力が抜けるような寝っ転がりたくなるような静かな海。しかも夕陽が素晴らしい。
赤々と燃えるような夕焼けを飲み込む関屋浜。
だからこそ、人生を思う。だからこそ、命を思う。

頭の雑音が止まり、心が無になる。生まれたままのゼロ。自身が持ち備えているものに自然に気づかせてくれる魔法を持ってる。そんな新潟の海、関屋浜をちょこっとだけ知りました。

「リア充」いいよね、羨ましい。ではない。誰にも言わず人知れず、日常を疎かにせず、一日一日を大事にする。日々、昨日と違う新しいことをする。したい。出来る。する。その積み重ねの先が「リア充」なんだなと感じました。リア充は一日にしてならず。

疲れても傷ついても。何も持たず何を失おうとも。何人(なんびと)も拒まず、共に在る、いてくれる。そんな関屋浜。

SeaPointの鈴木さん、ありがとうございました!

*9/17(日)~9/22(金)まで秋期休暇です*
Sea Point NIIGATA
http://seapoint.info/
新潟県新潟市中央区関屋1-24
Facebookページ
https://www.facebook.com/seapointniigata/

全国に広がるワーキングコミュニティ co-ba NETWORK
http://tsukuruba.com/co-ba/

—–
PR:
Coworking.style というFaceookページをやっています。
https://www.facebook.com/Coworking.style/
普段、イベントに参加したり使わせていただている&取材させていただいたコワーキングスペースさんのイベントや募集情報などシェアしています。ちよ子が気付かないこともありますので、既にちよ子と繋がりのあるコワーキングスペースさん及び関係者さんは、「いいね!」を押して、お気軽にご投稿、シェアください。

—–
関連ページ
Coworking.style【新潟県長岡市】Code for(コードフォー)に行ってきました!
http://yumelog.com/codefor20170901/

温泉ソムリエ発祥の地 新潟県妙高市「赤倉温泉」真っ白だけど黄金湯「燕温泉」草津温泉よりも熱かった「野沢温泉」に行ってきました!
http://yumelog.com/akakuraonsen201707/