ご覧くださり、ありがとうございます。
地域活性化&働き方改革を探求中の温泉ソムリエ&ノマドワーカー&ブロガー、LGG.JP代表・草栁ちよ子です。

2018年から「おふろでノマド」を開催することにしました。
おふろ施設でノマドワークするイベントです。
温泉ソムリエなのと、実際に、おふろcafeでパソコンで仕事しており。
1年参加した、石上晋さんオーガナイザーの「メイドカフェでノマド会」をリスペクトし、おふろ施設でノマドワークをするという、働き方改革及び地域活性化に向けた提唱となります。

わかりやすい呼び方として「おふろでノマド」にしていますが、同時に、私達としては「おふろ♨ワーク」という言葉で発信し開催、広め、活動していきます。

今回は、記念すべき第1回目のおふろ♨ワーク、おふろでノマドin おふろCafe bivouac@熊谷の開催レポートをお届けします。

1階のコワーキングエリアでノマド

埼玉県熊谷市にある、おふろcafe bivouac(ビバーク)さん。
今回、参加いただいた石上さんとはせがわさんは、東京の板橋と田端方面からお越しなので、ちょっとした小旅行くらいの移動距離です。石上さんは、グリーン車に乗ってノマドしながら移動されたとか。遠いところ、ありがとうございました。

雨でしたので、熊谷駅まで車でお迎えに上がり、受付を済ませ、ビバークさんをご案内!おふたりとも初めてなので、パシャパシャスマホで写真を撮ってました♪


いしがみプロさんのTwitterより。

お風呂場のロッカーに荷物を預け、会計用のバンド(帰りのお会計に必要)とロッカーキーを必ず忘れずに身に着けてくださいね!館内着に着替え、パソコン機器持参で、一階のコワーキングエリアに集合です。

この日は、イースターのイベント期間中で、うさぎの館内着を選べたので着ちゃいました♪(数量限定)こんな時でも無いとコスプレできないので嬉しいな♪

1階。お酒や軽食が楽しめるcafe&Bar「Okibi」のカウンター前のスペースでパソコンが出来ます。無料Wi-Fiがあります。コンセントは一部あり、充電できます。

からだにやさしいレモン水と挽きたてのコーヒーが無料で飲み放題。コーヒー好きな方にはたまりませんね。

熊谷在住のライター、細井さんが合流。参加者全員揃いました!
軽く自己紹介して、名刺を忘れた(荷物をコインロッカーに置いてきた)けど、その場でパソコンでfacebookやTwitterをお互い確認できる、というのもノマドらしいですね!

今回、さいたまの大宮のコワーキングスペース7Fの星野さんもお誘いし人数に入っていたのですが、お仕事でおいそがしく、参加者4人となりました。

石上さんは男性1人で申し訳無かったですが(和彦はいましたが自由行動)、メイドカフェでノマド会のオーガナイザーで、メイドさんや、エンジニア、プログラマー、デザイナーさんなど女性のフリーランス、ノマドワーカーさんと日頃からお仕事をされてますから、すんなりお仕事いただけたようで良かったです。

違う職種の人同士ランチで盛り上がる♪

12時から1時間、ランチタイム。
2階のレストラン「OUTGRESS」に移動です。
おふろCafe bivouacさんは、10時から翌朝9時まで23時間営業で、深夜2時以降は深夜料金別途1,200円がかかります。タオルと館内着セットで1日いられる「フリータイム入館」は大人1,380円です。

今回、その1,380円に、1,300円相当の6種類のプレート料理から1つ選べる「平日限定入館セット+選べる食事」が1,580円とお得だったので、皆さん、このセットにしました。

石上さんがこの「大きいテント」に反応して写真撮ってました。


いしがみプロさんのTwitterより。

レストラン内、キャンプ、アウトドア気分が味わえるディスプレイで、窓もあり、ゆっくりランチできました。

写真がうまく撮れないと悩める女性陣に石上さんが、いろいろ説明くださいました。「?」が飛び交いつつも「なるほど、わかる!」もありつつ「もっと聞きたい~!」今後、勉強会が開催されそうです?

ランチ終了後、ライターの細井さんとは、ここで解散。
お会計して、受付カウンターまでお見送りしました。細井さんからは、こんなご感想をいただきました。

・いつも家で仕事をしていて、家以外でパソコンを広げたのが今回がはじめて。
・ノマドワークに縁がないと思っていたが、ちよこさんはじめ皆さんに刺激されて楽しい時間を過ごさせていただきました。
・石上さんのリモートワークのお話しもニュースだけのものかと思っていたので現実でお目にかかり、自分にも置き換えて目標にしたいと思いました。
・ランチでは、全く異なる仕事をしている方々と少しの時間同じ話題を共有できてホッとする時間でした。

細井さん、ご参加いただき、ありがとうございました!
なんでも、おふろCafe bivouacさんを取材されるそうで、記事、楽しみにしています。アップされたらリンク貼りますね~♪

アップされました!
屋上で、水遊び場や青空テントサウナ、マシュマロ焼きができるたき火体験、ラムネや生ビールを提供する屋上ビアテラス、SNSにアップすると「もう一杯進呈」特典のある1杯55円のかき氷。5月5日は「子どもの日スペシャル」地元野菜のホイル焼き体験、ゆるキャラ「ふっかちゃん」も登場!!
⇒熊谷のおふろカフェで屋上イベント 水遊びやバーベキュー体験、ビアテラスも
https://kumagaya.keizai.biz/headline/322/

2階のコワーキングエリアでノマド

ランチの後は、13時から2階のコワーキングエリアに移動して、引き続きノマドワーク。
この日は、ノマドワーカーさんは少なくて、カップルがレモン水を飲みに来たり、打ち合わせ(?)をしている男性数人がいたくらいで、とても静かでした。

最初は離れていましたが、途中から3人同じテーブルに集まってノマド。
モクモクとスラックで繋がっている仕事のチームの皆さんとリモートワークする石上さん。
はせがわさんもスマホとパソコンで作業しつつ、新しく手掛けるお仕事の話や農業(畑で自家用野菜を作っている)の苦労話など、伺いました。時どき石上さんも会話に入ったり、集中したり。

和彦は、ソファで楽な体制をしながら、【今日のタスク】である「スマホでサイトをひとつ作る」を淡々とモクモクとやっておりました。ここでも、レモン水がフリーで飲めます。こまめに水分を摂りながらノマドしてくださいね。

ひたすら仕事に集中orお風呂で湯ったり♪

16時になって、女性陣はおふろに入りに行きました。
男性陣は、そのままモクモク仕事。和彦とふたりで、いろいろお話されたようです。先にお風呂に入ると、仕事する気が無くなるので、仕事に専念された模様。

2階に新たに新スペース「憩いの間」が出来ていました!
畳の和室でクッションでゴロゴロできる~!

漫画を読むも良しスマホをするも良し。恋人同士がまったりするのも良し♪
こちら以外にも、草原やロッジの中にいるような仮眠スペースもあるし、本棚の前にもソファーがあり、お好きな場所で、空いてるところで寝っ転がれます。夏には、屋上で手軽にバーベキューができるそうですよ!楽しみです☆

女性陣は、綺麗さっぱりリフレッシュして、8種類のおふろを堪能。
泥パックをふんだんに顔に盛って(笑)炭酸泉で湯っくり♪外の壺湯は移動されてきた白寿の湯の温泉です。ここでも湯ったり♪
最後はジャグジー(ボタンを押すとブクブクになる)で話し込んで、気がついたら2時間!「こんな2時間もお風呂入ったの初めてです!」と驚かれました。

湯上りは、無料のマッサージチェア20分で「さらに体が軽く」なりました♪

はせがわさん曰く
・エステ予約したかった・今度はエステ受けたい
とのことでした。

エステの他、ボディケア、アカスリもあります。
女性は「美と健康」が二大柱!自分の身体を綺麗にするのも整えるのも「自分という人間が提供する仕事のプロフェッショナル」として、メンテナンスも大事な仕事のうちのひとつですね。

バータイム&コーヒーブレイクでお疲れ様♪

2時間、おふろを堪能した女性陣は、1階でビールや日本酒、軽食で乾杯♪バータイムです。
お帰りのバスの時間まで、女子トークで盛り上がります。おふろでも女子トークしてましたが、女子は飲んでも食べても話しが付きませんね。最終の熊谷駅行きのバスが21時8分。それに合わせてお会計、お見送りしました。
プチ女子会みたいな?はせがわさん、楽しい時間を、ありがとうございました。

石上さんはというと、仕事を終えて、おふろに入って、この「穴」でまったりされてました。探してたんですが、気がつきませんでした!「ポンドソファ」というエリア。池(ポンド)にすっぽりハマって、雑誌を読んだりスマホしたりできます。

石上さんは、籠原駅まで歩いて行き、電車で帰られるとのこと!
さすが元山岳部、脚力は凄いですね!

最後、コーヒー飲みのみ、少しゆっくりお話しできて、ありがたかったです。今日1日ご参加いただいたお礼と、うちの今後の動きや、ノマド会のお話などさせていただきました。

22時頃、お会計して、石上さんをお見送り。
本来なら、車で駅までお送りしたかったのですが、一度入館している和彦が車で出て再入館というのはNGということで、お送りできずスミマセンでした。

その後、ちよ子は、通常業務のインスタをやっておふろにも最後入って。和彦もおふろに入った後、タスクである「スマホでサイトをひとつ完成する」を完了させて退館しました。
仕事したね~!!
あ、ちよ子の今日の大事なお仕事は「写真撮ること」「お話しすること」「お見送りすること」でしたね♪

第1回目【おふろ♨ワーク】おふろでノマドin おふろCafe bivouac@熊谷/まとめ

石上さんが、翌日、こんなまとめレポートをあげてくださってます!

まとめ:
お風呂カフェでノマドはもっともコストパフォーマンスの良い「仕事合宿」!

石上さん、わかりやすいお言葉、ありがとうございます!

このレポートを見て、思い出しました。
もともと、私達草柳夫婦は、「おふろcafe」さんで「ノマド=仕事」していたんです。納品する締め切りのある原稿をひたすらパソコンで書き上げ。写真画像を作成。ゆったりまったりゴロゴロしているカップルを横目に、ガッツリ仕事していたわけです。

合間合間、目処が着いたら。気分転換に。
コーヒー飲んだり、レモン水飲んだり、おふろに入ったり、マッサージしたり、寝っ転がったり、仮眠したりしてたんです。そして、また集中する。帰るまで、23時間ガッツリ(笑)
そんな自分たちの原点を思い出しましたね。


いしがみプロさんのTwitterより。

おふろで健康になる、綺麗になる、癒されるのは、当たり前なんです。
おふろ施設でも、ガッツリ、仕事を集中して出来る場所がある、という新しい発見。新しい働き方。既に、していた当たり前を、再認識しました。既に同じようにされている人もいるでしょう。


いしがみプロさんのTwitterより。

ノマドワーカーというと、
1.パソコンひとつで、どこでも仕事ができる、エンジニア、プログラマー、デザイナーなどのフリーランス
2.旅行トラベラー、取材しているカメラマン、ライター、ブロガーなど転々と移動しながら何処でも作業
という2つのパターンを思い描いていましたが。

3.会社や企業に属していながら何処でもリモートワークしている人たち
も含まれることを、すっかり忘れてました。

離れていても、県内都内国外を出ても、リモートワークなら、ネットさえあれば何処でも会社やチームと繋がって仕事が出来るという立派な証拠、検証になるかもしれません。

温泉ソムリエですから「温泉」や「銭湯」も視野に入れますが、今後は「ノマドワーカーが少し遠方に移動してもガッツリ集中して仕事できる快適な空間」ともなる可能性の高い場所で

・おふろでノマド=おふろ♨ワーク
ができるよう、今後も開催していきます。
ノマドワーカー、リモートワークの方々の新しい働き方のご提案のひとつとして。
楽しみにしててください!

今回、参加いただいた皆さん、おふろCafe bivouacさん、ありがとうございました☆彡

*今後の開催したいところ(予定)
埼玉(大宮、熊谷)
静岡(焼津、静岡、浜松)
神奈川(鶴見、湯河原)
三重(四日市)

▼関連記事

【おふろcafé bivouac/熊谷】おふろcafeビバークさんは、こんなところ♪4/24(火)におふろでノマドします!

【おふろcafé bivouac/熊谷】一日仕事。最後、おふろへ。白寿の湯に入る(笑)回数券だとオトク!ワイン飲めるよ

【おふろcafé bivouac/熊谷】思いっきりノマド中!テレビにインタビューが!