おふろ♨ワークの続き3です。御徒町に移動し、120分、予算1,000円で、御徒町アメ横グルメ散策を楽しみました!その後は、19時から足湯です。そして、レディースデーの特別な銭湯まで行っちゃいます?!

19時 足湯カフェで、まったり♨️/マッサージまでしてもらえて天国

アメ横に足湯があるなんて、ご存知でしたか?

45分で1ドリンクついて、1,080円です!!!
19時、予約していた「もみの気ハウス もみの湯 上野店」さんへ。
壁にカウンターがついていて、足の部分がぐるりと、足湯になっています!金魚は泳いでいません(笑)

45分で、まず荷物を椅子の下(蓋がパカッと開いて収納できる)に入れて、足をたらいで洗っていただきます。
若い女性スタッフさんに洗っていただくので少し申し訳ないです。ここで「足むくんでますね」とか「ここ痛いですよね?肝臓です」とか少し揉まれます(汗)

1ドリンク注文できますが、体調にあったお茶をセレクトできます。わからない方はスタッフさんにおススメを聞いたりしましょう。ちよ子は、肝臓が弱ってるそうなので、どっとでる茶をチョイス笑😁

調度良い温度です。アメ横散策で歩き疲れたのと、急いで食事をしたので、ゆっくりお茶をいただきます。

カウンターにコンセントと無料Wi-Fiもあるので充電できますしSNS投稿も出来ます!

グループ投稿したりしていると、5分の首、肩、腰の湯もみマッサージもしていただけました!(混んでいる場合は無いこともあるそうです)至れり尽くせり!😍

45分て、長いようであっという間でしたね。その間、「足湯だって」「足湯?」と見ていく女性や「足湯なの?」と声をかける男性サラリーマンも多かったです。

先客は男性サラリーマンひとりずつ、おふたり。後から入店したのも男性。女性はちよ子だけで、男性率高かったですが、ちよ子は「足湯だと知ってて入ってる」から躊躇もありませんが、知らない女性がひとりだけだと、ちょっと入るのに勇気が要るかもしれません。

ただ、館山に自社でお野菜を作ってたりお米を作っているそうで、お店で食事も出来るそうなんです!!ですので、今度はお食事、ランチも視野に入れるのも良いかな、と思いましたね!

あと、終わった後、電車で日暮里まで行く間、ずっと足がポカポカで、体中、暖かかったです!これには驚いた!もみの湯さん、凄いわ!!これは冷え性だったり、お疲れ気味の女性に、断然良いと思う!!!というか、普段、45分も足湯入らないよね!

スタッフさん、AshiyuMEETの話したら、Instagramをフォローくださり、ありがとうございます!後日、Instagramにもアップしますね(*^-^*)

もみの湯 上野店の皆さん、どうもありがとうございました!

もみの気ハウス もみの湯 上野店
台東区上野4-5-2
JR御徒町駅より徒歩約3分
Instagram
http://www.mominokihouse.jp/

グループ投稿では、富山と東京の話が同時進行!

足湯に入っている間、グループ投稿では、大江さんが、浴衣を着て、富山県高岡市の串揚げ屋さんで会社の同僚さんとプレフラで呑みながら、高岡市の「七夕まつり」の写真を投稿くださってました!


(お写真は大江さんからお借りしました)

大江さんは、富山からでしたが、東京で飲んでいた、Facebookの東京立ち呑み研究会のメンバーの方ともコメントやりとりをしていたそうで、大江さんひとりで、おふろ♨ワーク⇔大江さん⇔東京立研と3者中継をしていたそうです!さすが大江さん!!

大江さんは、温泉ソムリエの大先輩で、別府にも群馬にも、アチコチ温泉に行ったり飲みに行ったり食べ歩きしているイメージしかありません。昨年の、野沢温泉の野沢菜の蕪主総会にもお誘いいただき、今年から、私たちも、蕪主になりました!

その後も、長岡の足湯祭りにご一緒したり、新潟で爆弾おにぎり一緒に食べたり、久保田の日本酒飲み比べしたり、一緒にインスタミートに参加したこともありました!
群馬の高原千葉村では、大江さんに大自然の中、バーベキューを食べさせてもらいました!

いつも作ってもらってばかり、いただいてばかりでスミマセン。でも、大江さんのおかげで、私たち、確実に、昨年から、世界が広がっているのは間違いないんです。いつも気にかけて、親切にしてくださって、ありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。

ちよ子の父よりは年下だけど、人生の大先輩には変わりない、年上のお兄さんみたいな近所にいたら間違いなく頼れる大江さん。また遊びに行きましょうね!美味しいもの食べて、ほどほどに飲んで、一緒の時間を楽しく過ごしましょう(*^-^*)

仕上げは、セブンの黄ぐま


(お写真は大江さんからお借りしました)

見た目も涼しそうです!


(お写真は大江さんからお借りしました)

大江さん、ありがとうございました!
富山県高岡市の七夕まつりは、8月1日から7日まで開催だそうです。
https://www.takaoka-st.jp/event/tanabata

20時30分 銭湯で、湯ったり♨️/ビールで乾杯!プチ女子会状態

19時45分で、もみの湯上野店さんを後にし、電車で日暮里へ移動です。
仕事帰りで、斉藤湯さんから合流したいと、パソコンシッターの長谷川さんからメッセージを受け、斉藤湯さんで合流しました。

7/27(金)は、18時から23時まで、女性限定で男湯も入れるレディースデー!しかもハイビスカス&ローズヒップ湯、お花を浮かべたデンファレ風呂があるスペシャルデーです!

20時半から入って、出たら22時!一時間半も湯っくりしちゃいました!
外で涼しいシルキーバス露天風呂があるのと、ハイビスカス&ローズヒップが袋に入って浮いてる高濃度炭酸泉がぬるめ、しゅわしゅわ気持ち良かったです♪

デンファレの花びらが浮かんでいるお風呂は、ちょっと熱めで長湯できませんでしたが、お花が浮かんでいるお風呂に入ることが、贅沢♪嬉しかったです♪写真でお見せできないのが残念です。

ちなみに、デンファレの花言葉は、「selfish beauty(わがままな美人)」「天性の華をもつ」

なるほど。
女性の皆さま。親からいただいた容姿、自然の恵み、素材を活かして、充分に、(わがままに=自分を満たして)華やかにしていきましょう!

今回も、西荻窪の秀の湯の大沼ゆかさんにお会いできました。
ありがとうございます!写真も撮っていただき、お仕事中、ありがとうございました~!

斉藤湯さんから参加いただきました、長谷川さん、ありがとうございました!
普段から、銭湯にはよく行ってるそうで、この斉藤湯さんも知ってたそうですが「中に入ったことは無かった」そうです。ビールが「ミニ(200円)小(300円)・中(400円)・メガ(900円)」と4サイズ選べることに、たいへん感動されていました!

結局、22時から、あっという間に閉店の23時半まで居てしまいました~。いやあ、ビール飲んじゃうと喋っちゃいますよね!プチ女子会になっちゃいました。

他のお客さん(勿論全員女性)も、皆さん、ビール飲みのみ、語らってましたね。いつもなら「風呂上りにビールでぷは~☆は男性」のイメージですが、折角のレディースデーです。女性も風呂上りに「ぷは~☆」したいですよね。

また、数日前に、西日暮里の「リンゴの日」のイベントでお会いしたママさんとお子ちゃんにお会いしました!さすが近いからか!お会いできて嬉しかったです。あまり話せませんでしたが、またリンゴの日で会えたら宜しくお願いします☆彡

斉藤湯さん、大沼ゆかさん、長谷川さん、ありがとうございました!

斉藤湯
荒川区東日暮里6-59-2
http://saito-yu.com/

まとめ/テーマが「女性」&非公開グループでRemote参加のおふろ♨ワーク

今回、台風接近もあり内容を大幅に変えました。
テーマが「女性」でした。

御徒町アメ横グルメ散策は、女性には、もってこいの楽しめるイベントだと思います♪
もみの湯さんの45分足湯も、AshiyuMEETで使えそうだし、食事も出来るなら、女性には、楽しいと思います!斉藤湯さんは、お花が浮かべてあるレディースデーが絶対おススメだと感じましたね!

食べる喜び/
散策=適度な運動をする喜び/
足湯=デトックス効果=健康になる喜び/
お風呂=美容効果&リラックス&リラクゼーション=息抜きをする喜び

これらキーワードは、改めて「女性にとってなくてはならない嬉しいもの」であると感じましたね。

最後に、「非公開グループを作ってRemote参加」は、今回初めての試みで、告知を一切しないで行いました。
まったく知らない人だと厳しそうですし、知ってるお友達でも、リアルタイムに見るコメントできる時間は限られているでしょう。

やっている、主催している人間は同一人物なので「一生懸命行った先を写真撮って投稿してコメントもしている」のですが、果たしてRemote参加した方が「楽しめたかどうか」は、個別にご意見を聞きながら、参考にして、ブラッシュアップさせていただきます。

ちよ子としては、やり切りました!おふろ♨ワーク、こういうバージョンもアリですね(*^-^*)☆彡

▼関連記事
ServicePlannerバージョン

Ofuro.Work: Tokyo Women’s Tour 1day (2018/07/27)

【にほんご】予算上限1,000円の理由(2018年7月28日版/和彦作成)

和彦バージョン

【にほんご】おふろ♨ワーク開催レポート/Premium Friday’s Ofuro.Work : July 2018 (Women’s Tour)