和彦のドメイン話つづき。
新サイト、あるいは新メディアや新サービスなどを開始する際のネーミングで苦労される人も多いと思います。今の時代はサイトが不可欠ですからドメインは重要なのですが、意外にも多くの人が、まずネーミングを決定して、それから空きドメインを探す…という順番のままになっていると思います。

■昔なら先にネーミングでOK
.comや.jpぐらいの選択肢しか無かった時代であれば、
「決まったネーミング.com」
「決まったネーミング.jp」
で探して、それでも空きが無ければ他の「.net」や「.to」や「.me」とかを探したり、
「決まったネーミングJP.com」
とかにするぐらいしか選択肢はなかったと思います。ドメインの調査と言えば、決まった後か、空きドメインの事前調査程度で充分でした。

■次々に登場する新ドメインを活用できていません
しかし、今は多種多少なドメインが登場し、今も増え続けています。例えば「.style」「.cam」「.today」「.tips」「.link」「.press」「.express」「.shool」など、非常に魅力的な単語が多いのです。
つまり、先にネーミングを決めるのではなく、
 1.どんなドメインの種別があるのか把握する
 2.そのドメインと組み合わせて一体感の出るワードを探す
 3.最終決定する
というネーミングが可能になります。

■ポイントは昔の「社名」のつけ方です
うちの場合、今まではドメインの空き状況を考慮して、一般名詞は避けて「造語」を中心にしていました。しかし造語の場合は「メルカリ」のように有名になれば良いのですが、有名になるまでは口頭でサイトを相手に伝えても覚えてもらいづらい問題がありました。
おそらく社名で意識される方も多いと思いますが、「日本××××」のように、誰もが知っている固有名詞や一般名詞を組み合わせて覚えやすくしたり、信頼感を出したりすることと同じ発想です。

■日本でも海外でもわかりやすいネーミング
今回、うちが試しているのは、日本でも海外でも伝えれば意味や雰囲気がわかるネーミングです。具体的には以下のような感じです。
 ・Coworking.style(コワーキング+スタイル)
 ・Foods.cam(食べ物+カメラ)
今までは「.com」「.jp」がつきものでしたが、新しいドメインを組み合わせることで、ドメインも含めたネーミングにすることができます。

実は今回、詩のサイト用に新たに「.today」ドメインを利用して、
 ・poem.today
というものを取得しましたが、新ドメインは「長い」というデメリットがありますが、一方で「ネーミングに利用しやすい」という大きなメリットがあります。
ぜひ皆様も新ドメインを有効に利用したネーミングを考えてみてください。
 1.どんなドメインの種別があるのか把握する
 2.そのドメインと組み合わせて一体感の出るワードを探す
 3.最終決定する
この3つの順番です。なお、ドメインは早い者勝ちなので最終決定に出す案については先行で取得しておくことをおススメします。
そうしませんと、決定した時に取得されていた…という残念な状況になってしまいますので…。