10/11から11/4まで、車でコワーキングスペースを巡る旅に出ました。
長野スタート、三重⇒和歌山⇒徳島⇒香川⇒島根⇒鳥取⇒福岡⇒大分、フェリーで四国に戻り。名古屋⇒仙台⇒新潟の燕三条⇒新潟の長岡⇒長野の安曇野、佐久と巡り。基本ネットカフェ泊まり。たまにゲストハウス、湯治宿、旅館などに宿泊。途中、温泉も入り~の、ご当地グルメも食べ~ので、合計18箇所取材させていただきました。

まずは、4泊5日滞在・取材してきた、新潟県の「長岡市お試しサテライトオフィス」さんをご紹介します。コワーキングスペース…だけじゃない、サテライトオフィス?に宿泊する?のは初めです!どんなところなんだろう?!

今回も、まったり・のんびり・ぽ~よぽよ♪ 温泉ソムリエちよ子が、ぽてぽて♪ 行ってきま~す!

取材するに至った経緯

まず、なぜ、私達が、こちらの「長岡市お試しサテライトオフィス」に取材滞在させていただくことになったかというと、先に取材していた、長岡市のコワーキングスペースCode forの高橋亨さん から、「こんなところが、9月末にオープンするんですけど、どうですか?」と教えていただいたのです。

最初は、日帰りでオープン当日に取材と思ったのですが、
古民家を活用したIT企業向けの開発合宿所として、1日1組の受入れ、1組最大5名まで。日帰りから7日間以内で使用できる
ということだったので、せっかくなら、泊まって仕事しながら、地域の観光スポットや、そこを拠点としてアチコチ行ってみよう!と思い、4泊させていただくことにしました。

滞在中、高橋さんが遊びに来て下さいました!嬉しかったです!
新潟産コシヒカリの新米と、長岡花火のカレンダーまでいただいてしまいました!ありがとうございました!

長岡市お試しサテライトオフィスとは?

「長岡市お試しサテライトオフィス」とは、長岡市が、地域おこし協力隊(管理人さん)と運営するプロジェクトです。

場所は、新潟県長岡市小国町(おぐにまち)法末(ほっすぇ)。長岡駅から車で一時間の山の中、【中山間地域】です。棚田と自然に囲まれた水の綺麗な地域です。

この中山間地域は、高齢化が進み、人口が減少し、過疎化が深刻な問題になっています。
平成16年の中越地震では震度6強で、道路も田んぼも畑も建物も相当な被害を受け、全員避難ながらも、地元の皆さんが少しずつ戻り地道に復興を進め、現在に至ります。

その後、過疎化した集落の活性化を目指し、地域の方々が交流する場所が作られたり、地域おこし協力隊や移住者の受け入れなど、一歩一歩、市として取り組まれています。

この法末集落をモデル地区として、
●新しい人の流れを創る
●集落の人と新しく来た方の交流などで中山間地域の魅力を活かす広げる
●交流と移住を可能にする持続可能な中山間地域の活性化
の実現のために、

古民家を活用したIT企業向けの開発合宿所「長岡市お試しサテライトオフィス」を開設されました。

パソコンを使う環境は揃っていて、コンセントも無料Wi-Fiも完備。暖房完備で、寒い時は灯油ストーブを貸してもらえます。

トイレ、シャワー、洗濯機、キッチン、冷蔵庫、レンジ、炊飯器があり、キッチンにあるものは自由に使え、自炊できます。食事の提供はありません。車で行ける地元スーパーやコンビニもありますので買い出しも大丈夫。寝具は無いので持ち込みかレンタルになり使用者負担です。

基本的に、地域おこし協力隊の管理人さんがいらっしゃるので、何でも教えてもらえます。ただ、管理人さんもお仕事がありパソコンをしていたり外出したり農作業をしていたりしますので、自分たちは自分たちのペースで仕事をしながら外出したり食事をとることができます。


*写真は、勝見さんよりお借りしました*

豪雪地帯の為、今年は12月末で貸出は終了し、来年雪解け後のGW開け頃を目途に、貸出を再開するそうです。日帰り、複数日滞在、どちらも利用には申請書と誓約書の提出が必要になります。
詳しくは、こちらをお読みください。
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/shisei/cate11/cyusankanchiiki/satellite-office.html

役所の方にお話を伺いました

泊まる初日に、役所にご挨拶に!
長岡市役所地域振興戦略部の担当の方にお話を伺ってきました。

—ちよ子
この度は、よろしくお願いします。
まず、新潟といっても、コシヒカリで有名な南魚沼や、取材させていただいた長岡のCode forさんや、日本海・関屋浜のSeaPointさんなどしか知りませんで、長岡市に小国町、また法末という集落があるのも知りませんでした。

–役所の方
平成の大合併で11個の地域がひとつになり、新長岡市になりました。

–ちよ子
11ですか! 多いですね! それで、お名刺にゆるキャラの絵が11体書いてあるんですね(唖然)


写真は勝見さんよりお借りしました。auの電波工事中。

–役所の方
中でも、いくつかの地域が、過疎化高齢化が進んでいます。山の中にある中山間地域の魅力を活かし、交流、移住、定住へと促し地域活性化につながるよう、お試しサテライトオフィスを始めました。

–ちよ子
静岡県の浜松市では、市が主体となって、ベンチャー企業を誘致する目的で、無料でコワーキングスペースを開設していますが、今回、古民家を使って宿泊もできるサテライトオフィスということですが、どういう経緯で、決まったのですか?

–役所の方
空き家を使って欲しいという声が多かったんです。過疎化が進んで使っていない空き家が多いですから、地域づくりのひとつとして、古民家を活用しない手はありません。

長岡のCode forの高橋さんからのご紹介で、大阪でコワーキングスペースをされている方から、アドバイスやご意見、ご協力をいただきながら、一年調査検討した上で、今回の古民家に決定し開始となりました。

田舎暮らしに憧れる、経験してみたいという方のために、市が借り上げて、無料で利用していただけます。地域おこし協力隊が管理人としていますので、安心して、ITなどお仕事をしてもらいながら、大自然を味わい、体験していただけます。

–ちよ子
古民家に泊まれるというと、旅行・観光のようなイメージがありますが、あくまでビジネス利用で?

–役所の方
ITなどのお仕事をしている方の仕事場、合宿場として使っていただくのが条件です。
その中で、車で20分で24時間スーパーもありますので、町の中にお買い物をしていただいたり観光スポットをご覧いただいたり、何より自然豊かな、大自然の中のオフィスです。自然を感じていただきたいですね。

–ちよ子
大自然の中のオフィス!そう考えるとなかなか無いですよね。便利なのが前提ですから!
集中してパソコン仕事をしつつ、外を見れば大自然の中という…。都会は自然が無いですからね。いや、あるのかもしれませんが気づいていない…。こちらは、雪は相当降るんでしょうか?


*写真は勝見さんよりお借りしました

–役所の方
法末集落は、長岡市内で3本の指に入る積雪量を誇ります。毎年除雪ボランティアが来てくれています。法末集落がある小国地域では、2月におぐに雪まつり雪上エンデューロ大会が開催されて、全国からたくさんの方が訪れます。
今年は残念ながら雪が少なくコースが作れなくて中止でしたが…。
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kankou/event/o-yukimaturi.html

–ちよ子
えっ!? 3本の指に入る豪雪地帯なのに、雪が少なくて中止?~…そんなこともあるんですね。来年は開催されるといいですね!その他、小国地域で行事などありますか?観光スポットなどは?

–役所の方
4月に、小国桜祭りがあります。『おぐりん』という、長岡市おぐに森林公園のキャラクターも参加します。
法末集落の観光スポットとしては、手作りの足湯があります。あとコウモリの館があります。また天体観測にはもってこいです。星が綺麗なんですよ。6月は蛍も綺麗です。


これがその足湯。お湯を自分で入れるところから始めるようです。

–ちよ子
なるほど。行き方なのですが。電車バスの場合、どういけばいいですか?車だと?

–役所の方
長岡駅から車で一時間ですね。インターは小千谷インター。長岡と小千谷インターの間です。路線バスもあります。長岡駅から小国支所までバスで60分くらいですかね。

–ちよ子
バスで60分って時間ありますね~!ちょっとした旅ですね!

–役所の方
小国支所からは、乗り合いタクシーで15分くらいです。予約制で火木土の週3日運行です。

–ちよ子
電車やバスで来られる場合は、詳しくは、お問合せいただくほうが宜しいですかね。最後に、このお試しサテライトオフィス、どんな方に、どんな風に使っていただきたいですか?

–役所の方
何よりも自然が豊かなのがウリです。とにかく自然!都会でモクモク、パソコンで仕事している人に、この自然を体感、体験いただいて、こんなところがあるんだなと知っていただきたい。管理人もサポートします。気分転換、リフレッシュしてもらって良い仕事をしていただく。この環境を楽しんでもらいたいです。そして気に入ったらぜひ移住もご検討いただきたいです。

中はこんな感じ!居心地良過ぎて快適!!

この後、実際に長岡市お試しサテライトオフィスへ車で移動!結構な山の中を走ります。先ほどの役所の担当者さんもいらして、管理人さんにご挨拶、説明を聞きました。

入ってすぐは、登山、キャンプ、アウトドア雰囲気満載ですが!

中、すてきー!
一階にビーズクッションと大きな木のテーブルがあります。ハンモックもあります。

天井、たかーい!!

梁はそのまま~!築100~150年の古民家で、大きなリフォームなどはしておらず現状維持使用。家具や備品などは、市や地域おこし協力隊の管理人さんが用意。

隣の部屋。ホワイトボードもあるよ!

こっちのテーブルとソファもいいですね。
台所にあるものは自由に使えます。ごみの捨て方、分け方などは管理人さんの説明に従ってくださいね。

二階のお部屋で寝ました。寝具はレンタルでお借りしました。ふっくらほんわりほっかほかで、安眠快眠最高!(ゲストハウス以外は、ネットカフェのマットブースで寝てたので布団で眠れることそのものが…余計に有難かったです)ストーブも借りれて暖かかったです。

正直、とっても居心地が良くて暖かくて、のんびりほっこりしちゃいました♪うーん、仕事というより遊び、旅行できた感じ、癒され空間です!仕事関係の知人が来てくれたりして、そのまま皆でお夕飯を食べたりもしたので、お茶飲んで喋って。ビーズクッションが良い具合にお尻にハマって(笑)話も弾みました!

管理人さんは地域おこし協力隊

管理人の勝見さんは新潟市生まれ。東京、新潟の二拠点のライフスタイルから、小国森林公園でキャンプなどを通し、小国を知り、地域おこし協力隊に手を挙げたそうです。

–勝見さん
12月から4月までは状況により雪上キャンプも計画中です。
地元の経験豊富なボーイスカウトさんにご指導して頂ける時間も調整中でして、中越地震の被災地、豪雪地帯だからこそ自然災害に対するスキルを伝える場所があってもいいのではないかと考えています。湧水をくんで、コーヒーを沸かしたり、楽しみながらお伝えしていけたらいいなと計画しています。

この時、ゴンゴンと外から大きな音がしました。続いています。
何の音…??

–勝見さん
キツツキです。なぜか、あそこが好きで、毎日朝6時半と夕方4時半につつきに来るんです。先住民と共存すよ!

キツツキがつつきに来る古民家!キツツキって、こんな大きな音なんだ!!
皆で静かに息を止めて見に行きました!
そしたらキツツキも何を感じ取ったらしく、止まって「・・・?」と警戒してました!

見ると、かなりの傾斜なので、背筋スゴイ!!!
この写真だけでは「背筋スゴイ」が通じないかもしれませんが、ここで見た全員「背筋」で爆笑してました!

大自然の中だと、キツツキも当たり前なんですね。まさに【先住民という名の大自然と共存】ですね。

–勝見さん
ずっとIT関連の仕事をしてきて、造園業もやったりしてました。
小国は33の集落があって、立派な棚田が多いです。それぞれの集落で独立している自治体のようで、山の中で畑で作物を作ったりお米も作って自給自足、まるで山伏のような独特な個性、独自性があり、そういう形が文化として色濃く残っている地域に「タイムスリップ」したような感じです。

集落全体としては人手不足が大きいです。棚田の維持管理、水路の管理、施設や建物の維持管理。家から出ない高齢者が多いので、皆が使える福祉サービスの充実も必要かと。
都市部と田舎の交流が必要だと思います。
企業やNPO、市などの自治体と、集落がビジョンをもって歩み寄り、マッチングしていく。

2020年のインバウンドもありますが、限界集落は新しいものを新たに作るより、そこにもともとあるもの、自然という資産を活かしていくのもいいと思います。そこの当たり前が、都会の人にとっては「え!?」と驚き、発見になる。住んでいる人間だと気づきません。

まさに「おためしサテライトオフィス」です。
人が集まって物事が始まっていく。一本芽が出て咲き始める。

都会の箱の中で倒れるまで仕事をする時代じゃないです。
集中する時は集中し。抜くところは抜く。リラックスする。メリハリをつける。そういう環境を提供できればと思っています。その中で、人との出会い、交流、可能性を育てていければ。

小国の新米「新潟おぐにの玉手箱」発売中!

管理人の勝見さんは、地域おこし協力隊として、小国の集落の棚田米を小国のブランドにしようと、集落の皆さんのご協力のもと、中越地震以後から小国地域と交流のある武蔵野市のNPO法人KISSさんのご協働で、小国の5集落の新米が食べられる「新潟おぐにの玉手箱」を作成されました!

小国は、33集落ありますが、それぞれで自給自足。自分たちの集落で作った綺麗な水で育まれたお米を自家消費しているので、外に一切、出回らない。
そんな超ローカルな超特定地域産の、混ざりなしの本当のシングル米、5つの集落の味が楽しめます。2合ずつペットボトルに入っているので、食べ比べにも調度よい量です。

蓋の紙は、有名な日本酒『久保田』で使用されている、雪解け水で作られる貴重で高価な「小国和紙」です。
その小国和紙を贅沢に使って鮮やかな色合いなので、プレゼント、お裾分けにも可愛い!
実は、知る人ぞ知る、新潟県南魚沼産コシヒカリと同じAランクなんです!そして、あの、林家こん平の「ちゃーざー村」で有名な千谷沢の「ちやざわ米」も入っています。また、新潟プレミアム米「新之助」も入っているというお得感満載!

クラウドファンディングも行い、2017年11月5日に販売開始になりました!

調度、東京に戻ったちよ子、ちょこっと顔を見に行くつもりが~

お手伝いしました(笑)ちょぴっと、ちよ子の恩返し(?)

炊き立ての新米を試食いただくと「美味しい~!」と目を輝かせる方多し!そのまま量り売りや、玉手箱を買って下さる方が多く、嬉しかったです、ありがとうございました!試食最強(笑)一緒に添えた「やたら美味しいやたら味噌」も好評で、飛ぶように売れていきました!

写真は勝見さんよりお借りしました。
吉祥寺の商店街を歩く人に試食いただいたり、説明したり、チラシを渡したり、声を出してPRしたり。意外と大変でした!でも一年かけてお米を作ったおぐにの農家さんに比べたら全然ですね!

実は、滞在中に、一度、ご馳走いただいたんです!ありがとうございま~す!目が覚めるとは、このことかと。美味しかったです~☆彡

管理人の勝見さん、NPO法人KISSの堀江さん、ありがとうございました☆彡

ネットからもご注文いただけます。
ぜひ、新潟県長岡市の「新潟おぐにの玉手箱」食べてみてください!
>新潟おぐにの玉手箱のサイト
https://www.oguni.club/

>長岡市お試しサテライトオフィスのページ
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/shisei/cate11/cyusankanchiiki/satellite-office.html

こここくらいまで雪が積もるよという目安。もう、とっくかな?

▽関連記事
【新潟県・小国町の観光】おぐに森林公園・紙の森美術博物館・おぐに和紙

Coworking.style【新潟県・小国町の観光】おぐに森林公園・紙の美術博物館・おぐに和紙

【新潟県・小国町グルメ】延命の湯・養楽館/小国饅頭・山理屋菓子舗/銀杏アイスクリーム・山岸モータース/長岡市の関要肉店・朝日酒造株式会社

Coworking.style【新潟県・小国町グルメ】延命の湯・養楽館/小国饅頭・山理屋菓子舗/銀杏アイスクリーム・山岸モータース/長岡市の関要肉店・朝日酒造株式会社

【新潟県】法末山の頂上・おいよ伝説・郡殿の池・愛宕山/長岡市小国町の自然をご案内いただきました!

Coworking.style【新潟県】法末山の頂上・おいよ伝説・郡殿の池・愛宕山/長岡市小国町の自然をご案内いただきました!