ずっとやりたかった企画です。
皆さんが動画を投稿くださったおかげで、書くことが出来ました。ありがとうございました。

皆さんは、どんなmizica動画を撮ってるの?【前編】旅行・行楽・花火・グルメ編

皆さんは、どんなmizica動画を撮ってるの?【前編】旅行・行楽・花火・グルメ編

皆さんは、どんなmizica動画を撮ってるの?【後編】お祭り・お神輿・スポーツ・家族編

皆さんは、どんなmizica動画を撮ってるの?【後編】お祭り・お神輿・スポーツ・家族編

こちらをもって、mizica公式ブログさん、毎日更新終了です!

ひと区切り!!!

昨年の10月から、約半年。
ぽちぽちと絵を描き、子どもたちとジャンケンして手作りgameで遊んでいたアトリエちてなのちてなさんが、和彦のお手伝いで一緒に取材に同行し、動画を撮り、気が付けば、アトリエをずっと閉めて「ライター」になってました。

なんとなく憧れていた「ライター」。
詩人、作家、小説家にも憧れていたけど。意図せず私が「ライター」になれたのは、こちらのお仕事のおかげです。
何の勉強も下準備もしていない全くの自己流でしたから、和彦や、上司の方から辛抱強くご指導いただきましたおかげで、何とか記事になっていきました。この苦しかった”ひとつひとつ”が、今ではかけがえのない、貴重な体験となりました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

毎日更新というノルマに「もう文章なんか一文字も書きたくない読みたくもない」レベルまで心が腐ったりもしました(笑)
「もう限界かもしれない」から「皆さんのおかげでライターになれたんだな~」と感謝の気持ちが芽生えるまで道のりは遠かったしキツカッタけど、今となっては、ほんとうに良い思い出。自分としてはやれるだけのことはやった。ひとつひとつ一所懸命やりきりました。後悔は全くありません。

同時に自分の未熟さにも気づき課題も見えてきました。もっと勉強し、更なる成長を目指し学び続けていきたいと思います。この後は、不定期更新になり、他のライターさんの記事&取材記事に移行します。

私どもは、ご縁が出来た皆様の元へ、いろいろ取材に回ります。ひとつひとつ丁寧に企画をご提案し、取材し、記事を作り、皆さんにお届けします。また新たな気持ちで、新たな一歩を踏み出し、心をこめて。皆様に面白いと喜んでいただけるような良いものを形にしていきます。

———————-
以下、思い出など。

私は、ほんとーに、「自分がやりたいと思っていない望んでいないことをする羽目になり苦労させられるけど結果、良い経験&ステップアップになっている」ことが多いです。和彦がそうさせてるとしか思えない…。

接骨院で受付の仕事は、超キツカッタ。「もう無理だから出来ないから、こんな私なんか、もうクビにしてください」と院長先生の目の前で大泣きしたりもした。でも和彦の意図は、「待合室にギャラリーをタダで置いてもらうこと。しかもバイトさせてもらってバイト代ももらえてギャラリーの経験できるんだからいいんじゃない?」くらいのもの。だけど私は目の前の覚えるべき仕事で必死でイッパイイッパイで、ギャラリーをやらせてもらえているありがたさをわかっていませんでした。とにかく「辞めたい」一心でした。
ただ、辞めると決まってからは、辞めちゃうの?随分長い間いたような気がすると言われたり、息子の嫁にしたかったと言われたり笑 こういうのいいと思うから頑張ってとギャラリーのこと言われたり、目から鱗で感激感謝!ありがたかったですね。決して無駄じゃなかった感慨深いです。(この時の経験が活きているのか、後日、アトリエちてなをやるにあたって、一階薬局をそのまま利用して飾りましたが、私の感性だけで飾ったアートや手作り品を見て「芸術家なんだね」「居心地良い」「素敵ですね」と言ってくださる方が多かった。これはとってもとっても嬉しくて、限られたスペースの中でどう工夫して飾って見せるかという経験を接骨院ギャラリーでやってきたことは無駄じゃなかったんだなと懐かしく思い返します)

その後、和彦が手伝っている不動産の仕事を私がやるということでギャラリーを終わらせ、接骨院もやめて、不動産の仕事に移りますが、これもまた大変で、慣れるのに数年かかりました。必死でした。でも和彦は「不動産4コマ漫画描けてイラストの練習にもなってメールの返信の勉強にもなってアルバイト代もらえるんだから、いいんじゃないの?」くらいのもので、その「ありがたさ」がわかっていませんでした。

この仕事のおかげで、世の中にはクズみたいな不動産屋がホントにいること、こんなにトラブルが多いことを知りました。そして、相談者の中にも、おやおや?という方が多いこと。どんなに一所懸命書いても、無返答な方もいれば、さらっと当然のことを書いただけなのに物凄く感謝されてお礼のお手紙いただいたりといろんなことを一気に知り学びました。最終的には、不動産屋さんでも、すごく真面目に誠実に真摯にやってる人が多いこと。そういう信頼できる人に出会うためには、お客さん側も姿勢や目的など、しっかりしてないと出会わないことを感じました。

また、生きていると色んなことがありますが、ある程度大人になったら、自分を守る。家族や大切なひとを守る為にも、知恵と勇気で防ぐ、関わらない、避ける、傍観することも生きる智慧です。どんな選択をするのかは他人は決められません。自分で選択して行動することで道が切り開かれます。問題に翻弄されず解決できるのは本人だけなのです。賢さをアップグレードして自分の脆弱性を少なくしていくような?一人ではない。ひとりで抱え込まないこと。トラブル解決に向けての一歩のお手伝いに少しはなれたのではないか、またなれるように、これからも精進します。

今となっては、NPO法人で、好きに自由にメルマガとfacebookページを更新させてもらっていることに深く感謝します。まったく会員取得に貢献できておらず、会員様が増えず、そこだけが心苦しいですが、不動産相談など通して、たくさん勉強、経験させていただき、一般生活に必要な不動産の知恵にもなっており、感謝の気持ちでいっぱいです。

それで、このライター経験です。にこにこネットでアート個展取材レポートも、不動産屋さん突撃取材も、すべて自己流で誰からも学んだり教わったりしてません自由に好きに書いてきたので、今までののんびりした超個人的やり方が通用しない苦しみと、アトリエをやりたいのに出来なかったストレスもあり、どんなに書いても面白いと思ってもらえない結果が出ないことに「どんなにどんなにどんなに書いても何故面白いと思ってもらえないのだろう」「自分は誰のために書いてるんだろう」「この文を誰が読んでくれてるのだろう」と思い詰め、「もう限界だ」「自分の能力では、これ以上は厳しい」と痛感し呆然とし観念したのが、昨日のことのように思い出されます。。。
それでも開き直って、「これしか書けないごめんなさい!自分は所詮この程度。ダメならいつでもクビでいいよ!その代わりひとつひとつきっちり書く」と想いを込めて書きました。そのうち「ライターとして、やれるだけのことはやり切った、もう、いいんじゃないか」と達成感もひとしお、満足して最後を迎えられました。この経験は、何物にも変えることができない、死んであの世に行っても笑い話にできる宝物だと感じます。ほんとに、mizicaさんのおかげですね。

わたしは、すごく素直で単純で、だけど心の容量と技術力が非常に小さい乏しい低い為、心と体が慣れるのに人の倍以上、時間がかかります。それまでは非常に苦しく死にたくなります。能力以上のことを求められるわけですから。鬼!と悔しく思うこと数知れず。それでも、ある時、ふっと沸点を超えると一気に楽になり、いろんなことがスムーズに見える動けるようになります。人から見たら、こんな当たり前なことが、当たり前になるまでが人一倍時間がかかりますが、それも自分の個性だと受け入れてます。

人間、どんなに今が苦しくても、死なない限りは、なんとかなるもんです。
決して思い詰めないこと、不満や愚痴はためこまず聞いてもらうこと、たまには感情を爆発させてもいいし、ガス抜き、息抜きも重要。涙が出たら我慢しないで泣くこと。流す、ためない、引きずらない、風通し良い心にしておくこと。パッと切り替えること。大丈夫と思うこと。・・・心も鍛えられたのかな。カチコチに硬くてすぐにバキバキ折れて粉々になっていたのが、少しはしなやかになれたでしょうか。多少折れ曲がろうともスグに平常心に戻れる「心の柔らかさ」と「感情と思考に囚われない頭の柔らかさ」で無理せす自然に任せましょう。来るべき時がくれば、なるように、なります。焦らず、腐らず、自分を信じて、愛して、応援する。自分で自分の笑顔を見ましょうね。あなたが笑うと、わたしも嬉しい。