万座温泉湯めぐり二日目です。

まずは、万座高原ホテルからシャトルバスで万座プリンスホテルへ移動。

お目当ては、男女混浴露天!
万座高原ホテルで借りた青いタオルを巻いて入湯!写真にお見せできず残念ですが、見渡す限り一面の岩山と青空と植物たちで絶景です!この日は、多少曇っていたので、逆に過ごしやすかった。屋根ないので晴天だと頭が熱いです。でもご夫婦、カップルには是非、一緒に入ってほしいおススメ混浴露天です!このお湯は、充分濃いので長湯は無理しない方がいいです。一時間後のシャトルバスに合わせて、早めに撤収。館内のお土産屋さんなど見て休憩。

女子は、もうひとつ温泉があったようですが、スルーしてしまい残念。

宿泊している万座高原ホテルに戻ってきました。

万座高原ホテルにも男女混浴露天があります。
プリンスホテルは、どーん!!とでっかく雄大壮大な一カ所ですが、こちらは、「石庭露天風呂」という大きな一角に、八カ所お湯があり、色や温度もそれぞれ違うので、好きにお湯めぐりができる。ご夫婦で、カップルで、グループで、ワイワイのんびり、思い思い入れます。

うちらは、こちらのほうが好きで、比較的浅くて横たわれる水晶の湯に一時間くらい入ってました。わたしは女性専用の嬬取の湯が好みですね。

男女混浴は、なかなか機会が無く、万座高原ホテル&万座プリンスホテルさんが初体験でしたが、初心者でも気軽に入れるので、ぜひ、皆さんもどうぞ。

百泉の湯というのも、あります。実はまだ入ってませんので、滞在中に入る予定。

手形の中に含まれていた謎の「嬬恋プリンスホテル」。
万座温泉から有料道路料金を払わないと行けないところです(笑)でもせっかく手形に入っているので行かない手は無い!

そこで、夜10時過ぎ、もしかしたら、料金所の人がいないかもしれない時間に行ってみました(笑)そしたら、誰もいなかったので無料で通行できました、ラッキー!本当なら、往復2千円くらいかかります。

すっごく綺麗なホテルです。ゴルフ場が併設されていて、そのお客さんが多いのかな?

熊のはく製もいてました。可愛い。

とても落ち着いて雰囲気も良いので、泊まりに来たくなりました(^m^*)

肝心の温泉は、万座温泉ではない、本白根温泉で、カルシウム・ナトリウム・塩化物泉。怒涛のように万座温泉の濃ゆい硫黄泉に浸かってきたので、このお湯は良い意味でリフレッシュとなりました☆彡

屋根付きの大きな広い露天のみですが、開放感があって夜の闇に浮かぶ白い湯けむりと、小さな虫が光って飛んでるので蛍かな?とも思いました。幻想的な一時間をまったり(貸し切り状態ひとり占め*)堪能できました♪

以上、簡単ですが超速球で更新しました。
また後日、一軒一軒、詳しくきちんと記事作り直しますね~。