皆さんから「いつもご夫婦で一緒ですね」と言われるのですが、
 1.和彦が優先順位をつけて決めて
 2.ちよ子が単独で行き
 3.和彦がサポートする(送り迎え/スケジュール/予算割など)
という感じです。

理由1:お互いの個性を尊重した結果

それぞれこんな感じで違います。ただ、ひとりずつ話したいのと、お互い文章が長いのが共通ですね。
.
ちよ子
・社交的
・人と会うのが好き
・場の雰囲気を楽しみたい
・ライブ型
・雑談や相手の話しを聞くのが好き
・長文(体験、感情、感謝を伝えながら自己整理⇒自己主体)
・ひとりずつ話したい

和彦
・内向的
・会うよりもオンラインが好き
・好きなところで一人で楽しみたい
・アーカイブ型
・テーマや目的のある会話、ディスカッションが好き
・長文(相手の要望を理解しながらアイディアを提案する⇒相手主体)
・ひとりずつ話したい

理由2:脱夫婦、脱分散

なんのこっちゃだと思いますが、一番典型的なのがインスタミートでした。
そもそもにおいて2人とも英語ができませんので、まさに皆さんがイメージしている「いつも一緒の夫婦」状態で、メンバーの人たちと話せない感じが続いたんですよね。
つまり、2人一緒だと、いつも2人で話してしまって、せっかくの新しい出会いのチャンスを失うことになってしまったので「脱夫婦」という感じです。
そのおかげで最近は2人とも別行動するようになったので、ボクも時々勝手に自由行動していなくなったり、皆さんにご迷惑かけない範囲で、勝手に参加(というよりも同行?)させてもらってます。
ちなみに前回は駐車場に停められずに大幅に遅れたので、集合写真にも写ってなく… (^-^;;
.
あと、逆(?)もありますね。相手の方それぞれは「おひとり」ですから、2人同時に対応しなければならなくなるんです。だから双方に気を遣ってくださって、結果、話が浅くなってしまう…みたいな分散を防ぎたいという感じです(脱分散)。
(ただ、このやり方だと、ちよ子が困った時に対応できないことがあったのですが、その解決方法の1つがremoteでした)

理由3:経費の有効活用

結構重要です。
参加費もそうですが、実は一番重要なのが「交通費の削減」です。
大泉学園(東京都練馬区)の拠点は、バスが必要なので、例えば一番ラクな手段で渋谷まで往復すると、軽く2,500円ぐらいかかります。
必要経費ですけど、私たちのようにあちこち行くとなると負担も大きくなります。
であれば、ちよ子をクルマで送ってファミレスとか、おふろとかで待ちながら作業してると、浮いた分の交通費でリフレッシュやリサーチができるので、一石二鳥なんです。

理由4:ちよ子の1人の時間を大切にする

これは、IMCJPインスタミートのオーガナイザーのジェシカさん(ご夫婦で一緒にトラベルブロガーされてます)の理念そのものです。
英語なので、完全には理解できてませんけど、英語ができる人はぜひ、できない人はGoogle翻訳なども使いながら、ご覧になるといいですよ。
今、アメリカでは「Travel solo」が流行っているようで、たぶん日本の女子旅とか1人旅とも違うような気がしてます。
なお、お断りしておきますが、素晴らしいと思ったから勝手に紹介させていただいているだけで、アフィリエイトでも、頼まれたわけでもありません。

Homepage


.
.
.
(アフィリエイトですが、実はうちも創成期にやって、月10~20万円ぐらいの金額を稼いでました。
でも、最近、稼ぐことが先になっちゃって、みんな「買ってもらうのが目的」の記事になってて、だから、アフィリエイトのブログの情報は信用できないよねぇ…と思うことも多々あります。
もちろん、意図はともかくとして「情報」としては非常に優れたものを提供してくれているサイトも多いので、そういうサイトに対しては、感謝の意を込めて、アフィリエイト経由で買わせていただくようにしてます。
あと、アフィリエイトを否定してるわけじゃないので、うちも、自分たちが気に入っているYogiboさんとかは入れさせていただいてます。
言いたいのは「私たちは私たちが良ったものだけを紹介したい」ってことですねー)