ここ最近、注目しているのが「ジョイフル」です。大分発祥のファミレスで西日本ではお馴染みのチェーン店ですが、ここ最近、関東の首都圏近郊でも見かけるようになりました。関東での知名度はまだまだですが、全国の店舗数はガスト、サイゼリヤに次ぐ第3位!

地元を愛し、皆から愛される

大分の県花が梅なのでドリンクバーには梅昆布茶や梅スパークリング、メニューには大分名物のとり天定食、ファミレスでお目にかかれるとは思わなかった九州の人気芋焼酎の黒霧島…など、定番メニューの中に大分や九州が満載です。なので、こよなく愛する人もいます。

安いだけではなくて丁寧で親切

24時間390円でドリンクバーのついたモーニングが頼めたり、大盛のポテトはボリューム満点だったり、24時間営業店でも深夜料金がかからなかったり、低価格ファミレスと比較しても割安です。
それでいて、店舗やスタッフにもよると思いますが丁寧で親切です。例えば黒霧島を注文した父に会計の際に「お車の運転はなさらないですか?」とか、コンセント席を希望するも無いと「(お店の事務所で)充電しますが、いかがでしょうか?」という感じでした。

お客様本位の神対応も話題に…

ドリンクバーが割引になるチケットの期限が切れた際の対応が話題になりました。使えない期限切れを交換してくれる…というお客様本位の対応には驚きです。

ノマドワーカーに優しい

安くてドリンクバーがあって24時間やっている店舗もあり、かつ店内には無料Wi-Fiもあり、電源も(席が空いていれば)貸してもらえる…と、申し分ない環境です。

禁止にするのではなく説明してくれる

つい最近の話題がコレです。
混雑時に長居されると客単価の低いジョイフルには死活問題。こういう部分もパソコン作業や長時間利用を禁止するのではなく、きちんとお客様に説明して理解を促すところがネットでも高い支持を得ています。

うちらもジョイフルはもちろん、ファミレス各店で作業させていただくことが多いのですが、混雑時は避けたり、場合によっては「混んできたら出ますので、声かけてくださいね」などと伝えたりしてます。快適な環境を提供してくれるファミレスには禁止になってしまわないように、やはり自分たちも注意する必要がありますね。

最後にオススメメニューをご紹介しましょう!

言わずと知れた「とり天定食」

2人で胃に優しくガッツリ食べたい時のオススメ!


ご当地グルメフェアの「鶏飯丼セット(ロースかつ)」を注文。鶏飯丼に200円追加するだけでロースかつ(単品490円)がつけられます。ドリンクバー別ですがチケット利用で150円でOK。
それにモーニングメニューのドリンクバーつきの「豚汁定食(半熟卵)」を注文します。この時に「鶏飯丼と同じように豚汁をかけて食べたいので鶏飯丼と同じ器をいただけますか?」と伝えるのがポイント。
そして鶏飯丼と豚汁おじやを2人でシェアすると至福のガッツリ飯になります♪