前回の記事を書いた後、結局は自分が自分と向き合うこと、旦那さんと向き合うことだとわかり、実践してみましたよ!
まったり・のんびり・ぽ~よぽよ♪ ノマドワーカーな温泉ソムリエちよ子が、ぽてぽて♪ 書きまーす。

まずは、自分という人間を知ること

自分が他人から良く言われる、褒められる部分が、その人の人としての傾向性、変わらない気質であり、「才能」だと思います。これは幾らでも伸ばせるもの。

ちよ子だと
・笑顔がいいですね!
・誰とでもすぐ話せて羨ましい!
・あなただと何でも話せちゃう!

活動では
・行動力が凄い!
・フットワークが軽いね!
・記事や写真が面白い!

そして
・趣味も仕事も夫婦一緒で仲良くて羨ましい!
・いつも一緒ってのがいいよね!
です。

仕事は一緒ですが、趣味は全然違います。音楽も映画もテレビの趣味も観光地で見たいものも全く違います。
しかし、そう皆から言われるということは、客観的に見てそのように認知されているわけですから、それでいいんだな、そこを伸ばそうと思いました。

それには
・外に出てる時だけじゃなく、家の中、プライベートから見直す必要があるよね
となり、
実は
・言いたいこと言ってないから不平不満が多い
のです。
・旦那さんに包み隠さず、自分を全てさらけ出すこと
これすなわち
・自分の気持ちや言いたいことを、我慢しないで、きちんと伝えること
・旦那さんと向き合うこと=旦那さんのすべてを受け入れること
が、ちよ子にとっての課題になります。

しかし、それよりもまず最初に一番大切なのは
・自分で自分と向き合うこと=自分のすべてを受け入れること
です。

相手に「こうして欲しい」と伝えるためには「こうして」の「こう」の部分。自分の気持ち、思い、要求、理由、根拠などを、きちんと自分で理解、把握、納得、承知してからでないと、相手に伝えられません。

よく男性が女性に対して
「結局何が言いたいかわからない、どうして欲しいのか意味不明、メンドクサイ」と喧嘩になったりします。
女性側は、これこれこうで~と感情や気持ちを一から十まで伝えたがり、確信の主題に到達する前に相手の男性が匙を投げる場合が多いのです。

感情と気持ちは、まず自分で整理する。
自分の本音、本心、真意は何なのか、自分と向き合うこと。

相手に伝える前に。
まずは、自分という人間を知ること、ですね。
自分と向き合う=すべての自分(ダメダメな自分も恥ずかしい自分もイケてる自分も許せない自分も)を許すこと受け入れること

相手がいるから自分という人間がわかる

インバウンドの旅で、あるお寺で、御朱印をもらう時、長蛇の列でした。
そこで、自分では気づかず、ルール違反をしてたらしいんです。
それを、和彦に、皆の前で注意されました。

自分は「そんな小さなこと、どうでもいいじゃん」と思ってたので、皆の前で怒られた不快感と自分がこんなことも出来ない人間だと皆の前でさらされた怒りから、離れた場所で二人きりになったとき、皆の前で怒らないでとキレ気味に伝えます。すると。

「変なプライドが高すぎる。夫婦として他の皆さんに迷惑をかけてたから、ゴメンナサイ、気を付けますねという意味で、わかるように皆の前で注意しただけ。迷惑行為をしちゃってたけど、いけないってわかって、謝罪してるんだな、仕方がないなという目で見てもらえるように、うちら夫婦が他人に不快な思いをさせないように気を付けますねという意思表示の為の注意だった。」

最初は意味が分かりませんでしたが、和彦の
・夫婦一体として見ている=どちらか一人でもルール違反マナーを守らないような行動はNG=だから気づいた時点で皆の前で「ごめんなさい!以後気を付けます」と意思表示

ひとりの行動でも、夫婦として見られるから、いつでも、どこでも、誠実に節度ある生活をしようね

という考え方、捉え方がわかったので「ふ~ん、そう思ってたんだ」と気づけて良かったです。
同時に
・人前で注意されると、自分が劣った人間だと思われるのが嫌で許せないというプライドの高さがまだある
という自分自身を知りました。

人と生活していると、いろんなことがあり、いろいろ言ったり言われたりして、都度、反応しますよね。
逆に、相手がいるから、喜ぶ嬉しいポイントや、怒りが湧くポイント、ツマンナイ嫌なポイント、逃げたい避けたい無視したい放置したいポイントも、わかります。
人と交流するから、感情が湧き上がるから、揺さぶられるから、自分という人間性が知れる、わかる、理解できる。

そう考えると、こんな「喧嘩」でも、自分の人間性を知る学ぶ深められるチャンスです。かずくんのおかげです(笑)

・プライドが高い⇒自分が何でもできる人間だと思ってる⇒そうじゃない、しょぼいし、それなり(笑)こんなもん(笑)⇒だからこそ「すみません」「ごめんなさい」「教えてくれてありがとう」と素直に謙虚に受け取ること。
・人は注意しただけ。人間性まで否定批判しているわけじゃない
・注意には意味がある、意図をくみ取ること
・失敗も経験。これで今度からどうすればよいかわかったから気を付ければ良い

と、とってもシンプルになり、「怒り」は湧きません。
むしろ、気づかせてくれて「ありがとう」です。

1)自分と向き合う
プライドの高い自分を知る、気付く
2)そのまま受け入れる
寄り添う、共有する、受容する、一緒になる、ひとつになる
3)じゃあ、どうする?どうしたい?
寛容。自分はこんな人間だ。素直に謝る、教えてもらってありがたい、謙虚に受け取る、感謝する。

伝えないと話が展開していかない

人はひとりじゃ、出来ること、考えられること、たかが知れてます。
誰か、他の人がいるから、自分じゃ考えられない思いつかないことを聞いたり知ったりして、人生そのものが豊かになっていきます。

夫婦も同じで、それぞれが好き勝手やってても、上手く行く時と行かない時があります。夫婦で同じ一緒と見られている、見なしている以上、足並みは揃ってたほうが自然ですね。
妻がひとりで悶々と不安心配を抱えてストレス、イライラすることが多いですが、夫は、そんなに困ったこと大それたこと心配なことと思っていない場合も多いです。

この差は「伝えて話し合って行かないと埋められません」
互いの「思ってること」「考えてること」は、都度、話し合う=共有していくほうが、互いの方向性の確認にもなり心の安定にもなるのです。

実践としては、
京都大阪名古屋日暮里インバウンド旅の後、さくらトラムで桜の名所めぐりの旅が控えてたので、地元の焼肉店でゆっくり食事できる時間があったので、思い切って伝えました。

・いろいろ考えて組んでくれた工程は、あなたなりのプランで素晴らしかったが体調がすぐれず、また方向性がわかってなくて、つい観光したいモードもあって、見たいものが見れないと不機嫌になってしまった。果ては大事にしてくれないとまで至ったが、自分が自分を大事にしていないと気付いた。
だから、今度からは、自分と向き合い、自分の気持ちをきちんと伝えて、自分を満たすようにする。そして、かずくんも笑顔になるように一緒に楽しく生きていきたいから、これからも、こんなメンドクサイ奴だけど、よろしくね。

・体調がよくないと気持ちも荒れる仕組みに気づいたので、今度からは体調を整えるようにするし、早めに調子が悪いなど伝えるようにする

・自分がただ気に入る気に入らないで不機嫌になるのではなく、あなたの意図、目的を理解しようと歩み寄るようにする。わかれば協力できるし、役割を全うする意識になるし、その範囲の中で楽しめる。
など、
反省点と改善点を伝えました。

そして、自分の抱いている不安、疑問点も伝えました。

・今年は活動はどうするのか、方針、テーマを決めてくれないと困る
・不動産はどうする?ちよ子だと、ここまでしか考えられない。一緒に考えて欲しい。
・メイドカフェで女子ノマド会や、おふろでノマド会など、やったら!と言われるが、どうも完璧主義なのか真面目に考えすぎて、重すぎて進まない。もっとスピードが重要だと思うが、ひとりでやってると同じままなので、どうしたらいいか意見が欲しい

すると、ポコポコ、ドンドコ、出てきました出てきました!!
そうか!そうすればいいのか!
それって、いいね!楽しそう!そうする!!

一気に楽しくなりました☆彡

自分の気持ち、伝えていいんだよ

旅に出る前、荷物の支度などで追われて、メイドカフェでノマド会に持って行こうと思っていた、恒例のぬいぐるみとメイドさんの頭ヘアバンドを忘れてきたことに気づきます。

はあ~(大きなため息)
⇒あーあ忘れちゃった、ダメな自分に気分落ちる
⇒あれ無いといい写真撮れない、ツマンナイな
⇒あれあったほうがいいのにな、メイドのお母さんって言えない
と、不安と心配がグルグル。。。

すると、かずくんが「何でため息ついてるの?どうしたの?」と即座に反応。
でも無視放置してました。自分の落ち度であり、自分の心の問題なので、かずくんには関係ないので言わなかった。

でも、今までと同じじゃダメだなって思った。
自分と向き合うんでしょ?自分の真意に気づいて共有して受容するんでしょ?ひとつになって一緒に生きていくんでしょ?放置して無視していいの?過去と決別して、常に新しい選択をして、自分の人生、創造するんでしょ?言ってる書いてるなら実践しないと!

極楽湯の朝風呂に入る前、なか卯で朝ご飯を食べました。
この時、少しゆっくりできたので、美味しいおうどん、卵かけごはん、雑炊など食べてポカポカなってから。

・あのね、忘れてきちゃったの。ととちゃんととわちゃん。あれが無いとデザートと一緒に可愛い写真撮れない。橙幻郷さんに行く時はいつも持ってってたのに。それと、メイドさんの頭も忘れちゃった。メイドカフェでノマド会でつけないで、いつつけるの!ってね。それで、忘れてきた自分にため息ついてたのー。ごめんね~。

と正直に素直に伝えました。
今までだったら、伝えてませんでした。だから自分にとっては画期的な一歩なんです!

すると
「そうなの?じゃあまだ時間あるから、家に取りに戻るよ。タオルも忘れてきちゃったし」

家に戻れました!!!
ととちゃんととわちゃん、メイドさんの頭持って行けました!
これだけのことなんだけど、すっごいすっごい嬉しかったの!!!
おかげで、この後の時間が充実で楽しくて満ち足りてました♪

これで、気づいたんです。
・自分の気持ちに素直に正直になると、満たされて、こんなに嬉しいんだなって!

ここで重要なのは
・忘れてきたダメな自分を責めない、批判しない
で、
・あー忘れちゃったねー
とさらっと丸ごとそのまま自然に受け入れること。
共有、受容ね。一緒に生きていく。

で、「寛容」
・じゃあ、どうする?どうしたい?
⇒素直に言ってみる。相手がどう反応するかはお任せね。

結果「取りに戻れた」

こんな簡単なことも出来ないの?!と驚かれるかもしれませんが、ここまでじゃないにしろ、
・気を遣って言わないでいる
という人、多いと思います。

・言わないより言った方が、相手にも知ってわかってもらえるので、言った方がむしろ良い
場合もあります。

結論。
自分の気持ち、言って良いんだよ。
自分の真意から目を反らさない、逃げない、無視しない、放置しない。
自分にとってダメな自分を責めないこと否定しないこと批判しないこと。
そのまんま丸ごと流れる雲を無心で見るように「そうなんだね~」って共有する、寄り添う、一緒になる、ひとつになるって決める、受容する。受け入れる。

相手に任せても良いんだよ♪

この2つの実践だけでも、気分が上がって、その後の旅でも、心に余裕とゆとりがあって、かずくんが、どんな場面、どんな行動をしても、そのまま無心で見れて、そのまま受け入れて気持ちよく一緒に居られる自分がいました。

こうなると、どんどん実践したくなります(笑)
かねてより困っている嫌なこと苦手なこと。何とかしようとするの止めました。成長しよう、努力しよう、向上させようと思ってましたが、諦めました。得意な好きな、やってて楽しい興味あることを向上させれば良いのであって、苦手でやりたくないなら、やらないという選択肢だっていいんです(笑)

やっぱり「服」!
子どもの時から「ダサい」「色音痴」「色彩感覚が変」と言われてきたので、コンプレックス、マイナス思考、ネガティブ意識満載です!!!
はい、ここで、まずは、そんな自分を「だって、そうなんだから、いいんじゃね~」と無心で流れる雲を見るように受け入れます。
否定しません、批判しません。許さないじゃなく許します。共有する、受容する。
無条件で、そういう自分も「それも、わたしさー」と受け入れます。
で、「寛容」じゃあ、どうする?どうしたい?どうしますか?

正直、服を決める選ぶのがメンドウ。服がいっぱいどーでもいい着ないものが多すぎて、また、自分の活動に合って無い感じがして、自分じゃ無理だと思った。自然じゃないんだよね。自然になりたい。
自分の活動と服装がリンクされて、わかりやすい衣装みたくなったらいいのに!

そこで、ちよ子よりは、はるかに美的センスが高い、和彦に
・もう無理だから苦手だから考えられないから、考えてくれない?ちよ子の活動に合ったスタイルをコーディネートしてよ
とSOSを出しました!

そしたら!!!
ある提案をしてくれて、イイ感じでした★☆彡
ちよ子の新しいニュースタイルがお披露目できる日も、近いかもしれません!こうご期待(*^▽^*)☆彡


自分と向き合うって、どんな自分も受け入れるってこと。
相手と向き合うって、どんな相手も受け入れるってこと。
その上で、真意に寄り添い、「じゃあ、どうする?どうしたい?」常に過去と違う新しい選択をして、自分の人生を自分の手で創造していく。

言ってる以上、書いてる以上、自分がやらなければ、ですね。
今の段階では、この「心や人生の生き方」の流れが、自分では好きでお気に入りでマイブームです。
どんどん実践して、皆さんにも「ほんとだ!」とわかりやすく伝えられるようになりたいです。

▼【Co・Yo・Mi(コヨミ)あなたの心と共に】目次

【Co・Yo・Mi(コヨミ)あなたの心と共に】目次

▼関連記事

【Co・Yo・Mi(コヨミ)あなたの心と共に】真意とか寛容とか創造とかCoYoMiって何?

【Co・Yo・Mi(コヨミ)あなたの心と共に】流れる雲を見るように静観する。どんなあなたも無条件で受け入れる

【Co・Yo・Mi(コヨミ)あなたの心と共に】気持ちのアゲ方と、自身のからだを整えること