お正月セールで、古着のセカンドストリートで初買物してきました。
一目で気に入ったぬいぐるみと、洋服をゲット!

昨年から思っている、
●自分に相応しいもので欲しいものなら買う。
●どうせダメって言われると決めつけない。素直に買いたいと旦那さんにきちんと意思表示すること
という課題を実践する良い機会でした。

ちゃんと意思表示しないと伝わらない

普段から読書代わりに、気に入ったブロガーさんのブログを読んでいます。
立て続けに本を出版されたので、ぜひ買いたいと思ってます。

うちの旦那さんは
1.仕事だったり、その人にしかできない、その場所でその時しか体験できない有限のサービスを受ける場合は、その値段で良いし、払えるように、日頃の食費や生活費など節約している。

2.その代わり、どこかでクーポンや割引や特典で安く買えたり、リサイクルショップで値下げして売られているような大量に出回っているものの場合は、きちんと調査して、納得のいく価格で購入する(こうして買うことが喜び)

また、
3.買いたいなら買いたいって言えばいい。言っちゃだめ、買っちゃダメとは言っていない。言ってくれれば最低価格が無いか調べるし、安くお得に変える方法を探してあげる(こうして買うことが喜び)と言われている

以上、これが彼の個性であり最大のセールスポイントです。
そういう彼を旦那さんに選んだのは、自分です。彼のルール。彼の生き方でもあります。彼が喜ぶ方法なのですから尊重します。
傾向がわかっているので対策もとりやすいです。郷に入っては郷に従う。ここで自分の素直な気持ちを我慢したり無理はしません。相手の人間性を尊重するように、自分の真意も尊重します。素直に本心を伝えることが大切。ダメならダメで、そこから話し合えばいい。

今までわたしは「どうせダメって言われるにきまってる、と、ひねくれて決めつけ」てました。「素直に本心を伝えてこなかった」のです。

ですから、
「買いたい本が二冊あるんだ~♪」「アマゾンで安くなってたら、買って良い?」と伝えてみました。

すると「いいんじゃない?アマゾンなら送料無料だしね」という返事!早速、アマゾンで調べて「お気に入りリスト」に入れておきました♪それなりに中古は値下げされています。

ただし「アマゾンなら送料無料だしね」⇒送料無料になるのは、新品だけでした(苦笑;)中古は送料とるんですね・・・どうしよう・・・まあ、後日、相談しましょう。

この本は、わたしには必要だと思っているので絶対買います。楽しみです☆彡

今まで出来ていなかったこと⇒素直に買いたい欲しいって伝えていない
今まで変にしていたこと⇒どうせダメって言われるにきまっているという決めつけと思い込み
今まで習慣化していた考え方⇒素直に正直に言わないで、相手に「どうせわかってもらえない」「どうせダメなんでしょ」と勝手にひねくれて相手を責めて、そんな自分も嫌っていた

この悪循環に「気づいたら止める」「違う方法に変えてみる」
このための第一歩をひとつひとつ、出来る範囲でコツコツ実践し、「彼を決めつけてたのは自分だった」「欲しい買いたいって言っていいんだ」「買っていいんだ」「素直に正直に言おう、伝えよう」「買おう」と、小さな喜びを味わい感じて静かに満たしていきます。

自分に相応しいものを買うのをOKする

古着のセカンドストリートさんのお正月セールに行ってきました。
スカート二着と上の服を買いました!値段と綺麗さで選んで、試着して、秋冬用に前に買ったスカートと今着ている上の服に合うかどうか考えて購入です。

無理せず。欲張らずに。

そこで、めっちゃ可愛かった、ぬいぐるみもゲット☆彡100円でーす★
一目で気に入りました!

最終確認で「これも買うの?ダメ」と旦那さんに言われましたが「いや!買う!」と本気で押し切り(笑)
うちの子になりました~♪可愛い~(*^▽^*)♪
かずちゃんって名前つけました(笑)

我が家には、歴代の「超気に入って買った子達」が居ます。
ちゃぴぃ(ふくろう)、父にもらったホワイトタイガー。南三陸復興祈願&合格祈願の赤タコ、オクトパス君。

ワニに、うりぼう

昨年買ったyogiboのぬいぐるみも大活躍だったなあ~。キリンのリンちゃんは家でお留守番。

ふくろうのトトちゃんと、犬のトワちゃんは、ちょこちょこ写真やインスタグラムに登場しましたね。

この大きないぷと、かぶ~&小さないぷとかぶ~は、親友からのプレゼントの羊毛フェルト手作り品!宝物です!!

ぬいぐるみは、これ以外にもいくつかあって、板橋のマンションに置いてきている。
44歳にもなって、まだぬいぐるみ買うの?!と驚かれるかもしれませんが、可愛い物は溢れてるけど、好きで気に入るものって、そうそうないので、その貴重な「わたしが欲しいと思った好きでスゴク気に入った価値あるもの」は買うようにしている。

一昨年、父がユーフォ―キャッチャーで釣ってくれたぬいぐるみを、アトリエちてなで子どもたちにジャンケンで買ったら引けるクジで当たったらプレゼントしてました。コーナーに並べてあって、そこから選べるようになっています。あらかじめ、並べる前に、「自分が好きで気に入ったもの」については外し、「非売品コーナー(ちよ子さんのお気に入り)」に飾っていました。引いた子達には、「そこのコーナーから選んでね」と言っているのですが、「あれ欲しいあれは?」と非売品コーナーを指さします。「あれは、あたしのお気に入りだからダメ~!」「えー!じゃあこっちは?」「これも非売品~♪」「なんでー!あれがいい!可愛い!」「でしょー!可愛いでしょう~★ダメーっ!あげなーい!ちよ子さんのお気に入り!どうしても欲しかったら、お金出して買って。1個100円」「けちー!!!」とまあ、よく子どもたちから言われたものです。ほ~ほっほっほ~(V)o¥o(V)★☆彡

わたしが可愛いと思ったものは、小学校一年生から三年生くらいまでの女児のハートにロックオンらしい(大笑*)ということは、わたしの頭は、そこらへん?(^-^;)☆彡

稼げる理由と稼げない理由が同じというショック!

わたしは、基本、「好きで気に入った物に囲まれ、好きで気に入ったコトだけやりたくて、好きで気にいった人と会って楽しく過ごしたい」が大きいです。

仕事も「好きで気に入ったコトだけやりたい」=「好きじゃない気に入らないことはしたくない」んです。
ある意味「稼ぎたい理由」と「稼げない理由」が同じだったのには驚いた!!!
皆さんも、ぜひ、考えてみて。お金を稼ぎたい理由と稼げない理由。最初、わたしは、よくわかりませんでした。

参考:
椎原崇さんのブログ記事
【質問】「お金を稼ぎたいけど稼げない」
https://ameblo.jp/jibuncompany/entry-12304949699.html

うちが稼げない理由って何かな?と考えて書き出してみたら
—————-
・何をしているかわからない
・何ができるのかわからない
・メニュー、料金がわからない
・頼んでいいのかどうかも分からない
—————–
っていう、根本的なところがダメだめ(笑)

旦那さんは
「仲間が欲しい」「依頼があったら相談して」と言ってたけど、先にウチが何やってるか明確にしてなきゃ、「一緒にやりませんか?」なんて、相手から言えないですよね。

今年は、おもいっきり「好きなこと」「自然に出来る気に入ってること」をしようと思います。開き直ろうと思います。

わたしが気に入って自然に出来る好きなことをして、心を豊かに幸せな気持ちになります♪
わたしが気に入った物を買って、ありがたく心を豊かに幸せな気持ちになります♪
わたしが気に入ってる人と会ったりお話ししたりして、相手も自分も笑顔になって、嬉しいな、ありがたいなって感謝して心を豊かに幸せな気持ちになります♪
わたしが気に入って自然に出来る好きなことで喜んでお金をいただく。喜んでお金を受け取る。ありがたくいただいて、心を豊かに幸せな気持ちになります♪
そして、目の前の人を、大切な人を、笑顔に、元気にする。自分の自然な安らぎ、寛ぎで自分自身も満たしていく。