キャッチの写真は、acerのパソコン。和彦が秋葉原で買ったもののインスタ使いが出来ないことが判明し設定に四苦八苦。徹夜で三日間くらいかけて、ようやく通常に使えるようになり、ちよ子のメイン機となりました。

和彦です。
あちこちで取材、どこでも仕事…というスタイルで重要になってくるのが機材選び。
特にアプリのテスト、写真や動画撮影、記事作成などをするとなると、それなりに機材が必要になってきます。今まではその日に必要な機材を選んでいましたが、準備に時間がかかったり、うっかり忘れたりなどの問題が…。

■今までの機材
ちよ子
 撮影:QX100+SO-04E
 撮影兼用スマホ:iPhone5s
 ガラケー:ドコモ(家族用)、au(仕事用)
 タブレット:iPad mini2
 パソコン:Acer R11(11.3インチ)
 回線:(音声)ドコモ、au(データ)LINEモバイル
和彦
 撮影:Gopro Hero Session、iPhone5s
 撮影兼用スマホ:ZenfoneMAX(個人用)、SO-04E
 ガラケー:ドコモ(家族用)、au(仕事用)
 タブレット:Nexus9、Lavie W(Windows10)
 回線:(音声)ドコモ、au(データ)Yamada Sim Plus
 受託業務用回線:ドコモ、FUJI Wi-Fi
共用機材
 ルーター:MR04LR
 スマホ:KATANA01×2(有効活用できず)
 パソコン:DELL Venue10 Pro(10.1インチ)
 回線:(音声)ドコモ×2(データ)Yamada Sim Plus、Excite BB
お借りしている機材
 撮影:THETA×2
 スマホ:iPhone6
 ルーター:Fuji Wi-Fiレンタル端末
 パソコン:Surface Book
 回線:FUJI Wi-Fi

■Wi-Fi接続カメラの弱点を「CM10」で改善
基本的に一眼レフではなく、スマホやスマホ連動カメラを活用して色々と創ろうと思ってます。ですが、Wi-Fi連動型のカメラは撮影に充分な時間が取れる時は良いのですが、カメラとスマホの接続の時間が必要なので、シャッターチャンスが限られている場合や、インタビューなどで相手がいる場合には(待たせて申し訳ないので)不向きでした。
そのため、せっかく綺麗に撮れるカメラを持っていながらiPhoneで撮影することも多々あったので、ここを改善することにしました。ポイントはiPhoneよりも綺麗に撮れ、かつ、スマホ並の機動力のあるモデルです。それがPanasonicのCM10でした。

■Gopro Hero Sessionは買い替えることに
小型で重宝していたHero Sessionですが、実は本来使いたかったのは「タイムラプス」の機能でした。カタログ上は利用できるということで実際に利用できるのですが、本格的なタイムラプスだったんです。つまり、動画として保存されるiPhoneのタイムラプスとは違って、一定間隔で撮影された写真(JPEGファイル)が保存される形式。
何が問題かと言えば、動画にするには基本的にパソコンが必要で、撮影してすぐにスマホで編集したりインスタにアップしたりできません。
実はiPhoneのようないわゆる「なんちゃってタイムラプス」は、GoProでも撮れる機種があり「タイムラプスビデオ」と呼ばれているようです。しかし、これがHero Sessionでは対応しておらず、Session以外の4シリーズか最新の5シリーズでなければ対応していないとのことでした。5シリーズの方がスマホなどで扱いやすい低解像度をサポートしているので、こちらに買い替えることにしました。

■Androidは16GBでは厳しい
バッテリーの持ちが非常によく気に入っていたZenfoneMAXですが、メインメモリが16GBのため常にメモリ不足の状態に陥っていました。当初はMicroSDカードの増設で対応できるだろうと思っていましたが、増設してもアプリが移動できなかったり、アプリで撮影した写真や動画の保存先は本体固定だったりするため、非常に使い勝手が悪い状況でした。そのため、最低でも本体メモリが32GBある機種に買い替えることにしました。

■タブレットとWindowsは「時々使う」では厳しい
考えてみれば当たり前なのですが、意外な盲点です。スマホやタブレットやパソコンの場合、時々使うという使い方が厳しいです。頻繁にアプリやOSが更新されるため、時々しか利用しない機器を起動すると、一斉にアップデートが開始されて重くなったり作業が中断したりと非常にストレスでした。そんなことのないように毎日常時接続しておくのも一案かと思いますが、そうなると都度配線を外してしまってからバッグに入れる必要があり、さらに面倒になりそうです。
また和彦の使い方の場合、AndroidのタブレットよりもWindows10のタブレットの方が(パソコンでなければできない作業もできるため)利用しやすいため、非常に魅力的な端末ではあったのですがNexsus9を処分しました(=これをAndroid端末に一本化)。

■これからの機材
ちよ子
 CM10:撮影、ルーター兼用(Yamada Sim Plus)
 iPhone5s:メインスマホ(LINEモバイル)
 HW-01D:家族用電話(ドコモ)
 GRATINA:仕事用電話(au)
 iPad mini2:車内用メイン端末(Wi-Fi接続)
 Acer R11:メインパソコン
和彦
 CM10:撮影、ルーター兼用(Yamada Sim Plus)
 iPhone5s:撮影用スマホ(Wi-Fi接続)
 HW-01D:家族用電話(ドコモ)
 GRATINA:仕事用電話(au)
 Lavie W:個人用タブレット(Wi-Fi接続)
 DELL Venue10 Pro:個人用パソコン
共用機材
 MR04LR(Excite BB)
 スマホ:KATANA01(音声ドコモ×2)

■あと必要なものは…
今までは故障時のスペアという目的もあって複数台を所有していましたが、ここ数年でクラウド化が進み、データなどの移行も楽になりました。そのためスペアは最低限にして故障時に都度新規購入するなどの方向で考えてみようと思います。
非常に魅力的な機材ではあったのですが、今回の入れ替えでは、SO-02E×2台、Nexus9、ZenfoneMAX、Gopro Hero Sessionを処分しました。お知り合いやヤフオクやメルカリを通じての譲渡も考えたのですが、何か不具合があると申し訳ないので今回はお店での買取をお願いしました。
一方、Gopro Hero5とAndroidの32GB以上のスマホ、光学ズームの「面白いカメラ」を今後探していこうと思います。

ちなみにお店によって査定基準が異なるため、特にスマホの場合は気を付けると良いと思います。例えば今回処分したSO-02Eですが、ちよ子が使っていたのは綺麗でしたが、和彦は1度地面に落としてしまった際の傷がありました。なので、和彦のものは「買取最高額は低いけれども減額査定が優しいお店」で、ちよ子のものは「買取最高額は高いけれども減額査定が厳しいお店」で、それぞれ買取をお願いしました。

初音ミク携帯。ちよ子のは、じゃんぱらさんで買取いただきました。今までありがとう&さようなら!次の人に使ってもらってね!